自動販売機のコーンポタージュ缶を散歩がてらに5種類集めて飲み比べ。味わいの違いを楽しみます♫

おやつ・お土産

寒い季節におなじみの、自動販売機のコーンポタージュ缶。小腹を満たしてくれたり、冷えた身体をポッと温めてくれる、皆んなが大好きな飲み物です。

普段、目の前にある販売機のコンポタ缶を何気なく買って飲んでますが、その商品によって、味わいが随分と違います。散歩がてらに集めた自販機のコーンポタージュ缶5種類の違いを楽しんでみました。

★買ったコンポタ缶は、良く振ってマグカップに注ぎ、電子レンジ500Wで約2分チンしてスプーンで軽くかき回して、味わいました。

〈ポッカサッポロ〉じっくりコトコト シャキシャキつぶ入り とろ〜りコーン

インスタントで“濃厚系”を世に知らしめたと言っても過言ではない「じっくりコトコト」シリーズだけあって、濃厚さはもちろん、全般的にバランスのとれたコーンポタージュ。好き嫌いの少ない広いストライクゾーンの仕上げはさすがです。間違いのない美味しさですね。コーンが出やすい缶の形状を採用しています。

●濃 厚 感:★★★★☆
●う ま み:★★★☆☆
●ト ロ み:★★★★☆
●コーン数:★★★☆☆
●コーン味:★★★☆☆

〈コカ・コーラ〉Bistrone Select(ビストローネセレクト) 食べるコーンポタージュ

シャキッ!とした食感のスーパースイートコーンが売りのスープです。スープは平均的な美味しさです。コーンの食感は確かにシャキシャキですが、量は少なめで“食べる〜”というほどでは無いです。サラリとしたコーンポタージュが好きな人には丁度いいのかも知れません。

●濃 厚 感:★★☆☆☆
●う ま み:★★★☆☆
●ト ロ み:★★☆☆☆
●コーン数:★★☆☆☆
●コーン味:★★☆☆☆

〈アサヒ〉 とろ〜りとろける コクうまコーンポタージュ

これは本格的な美味しさです。不自然なトロみや、コーンの数などに頼ることのないしっかりしたコク深い旨みを出しています。とくにコクという点では国産バターを使って、味覚だけでなく風味にもこだわったのが、スバラシイのではないでしょうか?スプーンでゆっくり味わいたいコーンポタージュです。

●濃 厚 感:★★★★★
●う ま み:★★★★★
●ト ロ み:★★★★☆
●コーン数:★★☆☆☆
●コーン味:★★★☆☆

〈サントリー〉 つぶたっぷりコーンポタージュ

コクや濃厚さを謳わないとおり、サラリと飲みやすいコーンポタージュに仕上がってます。さっぱりした中でも出過ぎない濃厚さと旨味は、キチンと効かせるバランス感覚を持っています。ニンジンを含む野菜エキスを使用しているのも優しい感じに影響しているのでしょうか?

●濃 厚 感:★★★☆☆
●う ま み:★★★☆☆
●ト ロ み:★★☆☆☆
●コーン数:★★★☆☆
●コーン味:★★☆☆☆

〈伊藤園〉特濃 コーンポタージュ

トロッとした濃厚なコーンポタージュに仕上がってます。「旨味たっぷり」で、甘味を前面に押し出した美味しさです。コーンはシャキシャキ感よりも食べた時の美味しさを追求した感じです。コーンの量も申し分ないです。原材料にオニオンソテーと牛乳を使っているのも仕上がりの良さに効いていそうです。コーンの粒が残らず出やすい缶の形状も良いですね。

●濃 厚 感:★★★★☆
●う ま み:★★★★☆
●ト ロ み:★★★★☆
●コーン数:★★★★☆
●コーン味:★★★☆☆

ひとくくりに自販機コーンポタージュ缶とは言っても、これだけ味に違いがあるのは、作り手の違うスープという一つの料理だと考えれば、当たり前かも知れませんね。この5缶の中で僕が個人的に一番美味しいと思ったのは〈アサヒ〉とろ〜りとろけるコクうまコーンポタージュでした。

自販機コーンポタージュを、ガシャンと買って飲む時、ほんの少しだけマジマジと味わってみると、温かさも美味しさもいつもと違って、楽しいひと時に変わります。自分のお気に入りのコンポタ缶を見つけてみましょう♫

自販機の美味しい缶飲料と缶詰

アキュア自販機の、じっくりコトコト「濃厚デミグラススープ」はビストロ級!?缶スープとは思えないコク旨の本格派。
じっくりコトコト「濃厚デミグラススープ」は、アキュアとポッカ(ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社)が開発し、2016年に発売を始めた冬場向けの缶スープ。じっくり煮込んだデミグラスソースや、軽めのビーフシチューような味わいです。具はみじん切りの玉ねぎぐらいですが、ポークエキスも旨味を増すのに一役買って、まさに「濃厚」。
“気仙沼産”ふかひれ使用「ふかひれスープ」は、JR東日本「acure(アキュア)」の自販機で販売されています。
“気仙沼産”ふかひれ使用「ふかひれスープ」は、JR東日本の駅に沢山ある自動販売機ブランド「acure(アキュア)」と永谷園が共同開発し、2018年10月に発売した新商品です。和・洋・中とある中で、中華が少ないことに着目したスープ缶。寒い日、駅のホームでこれを飲んだら、白い息と一緒に「あぁ〜」と声がもれそうです。
秋葉原名物、こてんぐ「おでん缶」は、よく出来た美味しい缶詰。今では非常食・保存食としても脚光を浴びています。
こてんぐ「おでん缶」は、秋葉原の「チチブデンキ(チチブ電機株式会社)」が、1990年代に自動販売機で販売を始めた“おでんの缶詰”です。秋葉原名物として名前を世に知らしめ、今では非常食や保存食としても脚光を浴びています。このよく出来た美味しい缶詰は、創業1923年(大正12年)の“天狗缶詰株式会社”が作っています。