doggyway49

スポンサーリンク
おやつ・お土産

岡山名物「きびだんご」。山方永寿堂の吉備団子のパッケージデザインが可愛いです。

1946年(昭和21年)創業「山方永寿堂」の吉備団子。きな粉のきびだんごが10個入っている小箱のパッケージデザインが、なかなか楽しいです。箱をあけると…。ほらっ、桃太郎が現れました。桃太郎、犬、キジ、猿に、鬼のキャラクターがデザインされた包み紙も秀逸です。
ごはん

駅弁「ますのすし」は、程よい脂が乗った鱒の押し寿司。“源”が1912年から作り続けています。

駅弁「ますのすし」は、源(みなもと)の鱒寿司。富山を代表する名産品の一つです。脂の乗った鱒と、富山県のお米で丁寧に作られた美味しい押し寿司です。一度でも食べたことがあれば、ふとした時に思い出して、また無性に食べたくなる、100年以上前から人々に愛されている逸品です。
ごはん

「キッチンジロー」外神田店のバリューセットは、大人のお子様ランチ。ハンバーグと海老フライ、帆立ミルクコロッケが楽しめます。

「キッチンジロー」外神田店の「ハンバーグ&海老フライ、帆立ミルクコロッケ」は、ジローでも王道の3品が、一度に楽しめるお得なメニュー。ライスに大根の味噌汁、野菜、スパゲティ、タルタルソースにレモンが、脇を固める、大人の“お子様ランチ”という布陣です。気取らに、定番の洋食を楽しめるところが良いですね。
ごはん

アベックラーメンは、熊本の棒状即席ラーメン。奥深い塩味スープとストレート細麺が良くマッチしています。

「アベックラーメン」は、熊本県で1960年(昭和35年)の発売以来、地元で愛され続けている棒状即席ラーメンです。作ってい...
ごはん

1914年(大正3年)創業「八ッ手屋」の上天丼。甘く優しいタレを纏った揚げたて天ぷらは、神田っ子が愛してきた美味しさです。

「八ッ手屋(やつでや)」は、神田司町二丁目にある、大正3年に創業した天丼・天重の老舗。揚げたて熱々の天ぷらは、サクサク部分を残しなら、戦後から継ぎ足しされてきた、甘辛いタレを纏っています。その甘く優しいタレを纏った、海老の天ぷらも、イカのかき揚げは、もちろん美味。そんな天丼は、あっという間に完食です。
雑記ノート

AppleマジックキーボードをiPhoneに簡単接続。超コンパクトで快適な作業環境が出来上がりました。

iPhoneにBluetoothで接続できる、Appleのマジックキーボードは、その設定が恐ろしく簡単。何より記事執筆のスピードが、劇的に楽に速くなったのには感動すら覚えます。しかも、充電されていれば完全なワイヤレスで作業が出来ます。ノートでもタブレットでもない、超コンパクトで快適な作業環境が出来上がりました。
ごはん

てんやの「天丼のたれ」で、手軽に旨い天丼を作ろう!その美味さには秘密がありました。

「天丼てんや」は、リーズナブルに美味しい天ぷらや天丼を提供し、人気を獲得してきたチェーン店。その中にちょっと気になる商品があります。それは「天丼のたれ」です。出汁の効いた旨味のある甘辛いタレは、天ぷらとともに、ご飯を進ませます。
スポンサーリンク