ごはん

スポンサーリンク
ごはん

ローソン「麺匠 佐蔵」監修の信州味噌ラーメンは、つるシコ太麺に濃厚スープが絶妙な旨さです。

ローソン「麺匠 佐蔵」監修の信州味噌ラーメンは、つるつるシコシコの太麺に、信州味噌をベースにした豚白湯スープが濃厚な旨さの味噌ラーメンです。にんにく、おろし生姜、純正ラードが抜群のコクと深みを生み出しています。具はゆで卵、メンマ、粗挽きの辛肉味噌、チャーシュー、ねぎ。この一杯が税込550円でお家で楽しめるのはありがたいです。
ごはん

1人前のグラタンやドリアが簡単に。ハインツ「ちょっとだけホワイトソース」は、お好みの具材にかけて焼くだけです。

ハインツ「ちょっとだけホワイトソース」は、お好みの具材にかけて焼くだけで簡単に1人前のグラタンやドリアが作れる小分けされたホワイトソース。少しだけグラタンが食べたい時に重宝する、1袋で約1人前(70g)のホワイトソースが3袋入っています。お弁当用のグラタン作りにもいいかもしれませんね。
ごはん

「日清焼そば スパイシーソース」はコスパ抜群!その旨さと価格は、冷凍焼きそばのダークホースです。

冷凍「日清焼そば スパイシーソース」は、もっちりコシある麺とスパイシーで濃厚なソースが、“さすが日清!”という出来栄えの冷凍ソース焼きそばです。具材は少ないですが、店頭実売価格100円ちょっとでこのクオリティとはコスパ抜群と言えます。
ごはん

サッポロ一番「元祖ニュータンタンメン」本舗監修の旨辛ラーメン。溶き卵に挽き肉、玉ねぎを加えて一層美味しく作ります。

サッポロ一番「ニュータンタンメン」は、川崎の元祖ニュータンタンメン本舗が監修した旨辛ラーメン。溶き卵はもちろん、豚ひき肉と玉ねぎ、チューブにんにくも加えて一層美味しく作ってみます。辛さの中にパンチのある奥深い味わいが、クセになる美味しさです。
ごはん

割り下の美味しさからして違う!セブンイレブンの柿安監修「牛すき焼丼」は上出来の仕上がりです。

セブンイレブンの柿安監修「牛すき焼丼」は、1871年(明治4年)に牛鍋店として創業した柿安が監修した牛すき焼き丼です。牛肉の煮汁で煮込んだという野菜や豆腐もさることながら、ひとくち牛肉とご飯を頬張れば、その割り下の美味しさに気付きます。
ごはん

豆が旨いんだ!鶏肉とミックスビーンズのトマト煮込み(チキンビーンズ)を作ろう。

鶏もも肉と青えんどう・レッドキドニー・ひよこ豆のミックスビーンズを、完熟あらごしトマトと玉ねぎでコトコト煮込んだ、チキンビーンズ(鶏肉とミックスビーンズのトマト煮込み)のレシピ。鶏もも肉と玉ねぎの旨味・甘味が濃厚なトマトソースをまとった豆が美味しいです。
ごはん

楽しいおかずが充実!セブンイレブン「おむすび弁当」は、小ぶりなおにぎりも3種類入った満足度の高いおにぎりセットです。

セブンイレブン「おむすび弁当」は、小ぶりなおにぎりが3種類に、楽しいおかずがたくさん入ったコンパクトなおにぎりセットです。ハンバーグ、ケチャップスパゲティ、鶏唐揚げ、ポテトコロッケ、半熟ゆで卵、赤ウインナー…。最近の“おにぎりセット”の「やる気度」に思わず注目してしまいます。
スポンサーリンク