ごはん

スポンサーリンク
ごはん

「山頭火本店のまかないラーメン」あわせ味は、醤油と味噌と塩を合せた“あわせ味”の上出来ラーメンです。

「山頭火本店のまかないラーメン」あわせ味は、その山頭火本店でまかないとして出されていた、醤油と味噌と塩を合せた“あわせ味”のラーメンです。インスタントを超えている出来栄えのこのラーメンを作っているのは、あの旭川ラーメンで有名な旭川市に1948年(昭和23年)に創業した老舗製麺所「藤原製麺株式会社」です。
ごはん

丸美屋「麻婆豆腐の素(中辛)」を焼き豆腐で作ろう!豆腐の下ごしらえ無しで食べ応えも抜群の美味しさです。

丸美屋「麻婆豆腐の素」は、1971年(昭和46年)に発売されました。当時、中華料理店でしか食べられなかった麻婆豆腐を、豆腐さえ用意すれば家庭で簡単に食べられるようにしたこの商品は、大ヒットし、一躍食卓中華メニューの定番に躍り出ました。これを絹ごし豆腐ではなく、焼き豆腐で作ってみます。意外ですが絹ごし豆腐より美味しく作れます。
ごはん

ソントンの「パンにぬるホイップクリーム」粒ピーナッツはクリーミーで旨味たっぷり。最強ピーナッツバター・スプレッドです。

ソントンの「パンにぬるホイップクリーム」粒ピーナッツは、柔らかいのでトーストなどに塗った時にパンの表面がめくれてしまうこともなく、また水飴の多いタイプよりも自然な甘さのスプレッドです。強めの香ばしいピーナッツの風味と、粒ピーナッツの食感も楽しい逸品です。昔ながらのピーナッツバターファンも納得の美味しさです。
ごはん

K&K「だし麺」比内地鶏だし醤油ラーメンは、香り高いスープが超美味しい!こだわり麺とあわせてハイレベルな出来栄えです。

K&K(国分)「だし麺」は“だし”にクローズアップしたちょっと面白い袋ラーメンのブランドです。どれにしようか迷ってしまうほどの種類があって見ているだけでも楽しいです。魅力的な“だし”はいくつかありますが、まずは一番スタンダードで美味しさが分かりそうな“比内地鶏だし「醤油ラーメン」”を作って食べてみたいと思います。
ごはん

甘辛い里芋煮を炊飯器とエバラ「すき焼のたれ」で作ります。ホクホクでトロッと染み旨です!

土のついたゴロゴロとした大きめの里芋。上手に炊いて甘辛い里芋煮にすると、ホクホクでトロッと美味しいです。これを失敗無しで炊飯器とエバラ「すき焼のたれ」で作りましょう。皮を剥くのがちょっとだけ面倒ですが、そこからは超簡単に調理が済んでしまいますよ。
ごはん

茹で時間7分の超極太麺がウリの明星「麺神(めがみ)」。濃厚味噌スープでコシのある麺をワシワシ食べよう!

明星「麺神(めがみ)」はかつて無い超極太麺がウリのインスタント袋麺。茹で時間7分のその麺は、麺の中の気泡を絶妙に調整する明星独自のノンフライ製法で作られ、モチモチしてコシもあり、豚骨エキスに赤味噌と白味噌、脂分で出来た濃厚味噌スープと相まってワシワシと食べ進められる美味しさです。
ごはん

東海漬物「きゅうりのキューちゃん」の発売は1962年(昭和37年)。キュウリなのに何故かご飯が進む美味しいベストセラー漬物です。

東海漬物「きゅうりのキューちゃん」の発売は1962年(昭和37年)。日本中に知らいない人はいないんじゃないかと思うぐらいメジャーな漬物は、キュウリなのに何故かご飯が進む美味しいベストセラー。生姜のアクセントが効いていて、パリッと、キュッとした食感が特徴の醤油漬けです。
スポンサーリンク