「ハナニラ」の別名には、クリスマスツリーのオーナメントでもお馴染みの“ベツレヘムの星”の名も。

花や植物

ハナニラ(花韮)はアルゼンチン原産の球根植物で、明治時代に園芸品種として日本に入ってきました。学名はイフェイオン(Ipheion uniflorum)。葉はニラに似ていて、ニラやネギの様な匂いがするので、この名前になりました。

3〜4月に1株に1つ、白や薄い紫の花を咲かせます。繁殖力が旺盛なので、球根植物ですが植えたままでも増えていきます。葉を出すのも花が咲くのも、春の僅かな期間だけです。

ハナニラはキリストの生誕を“東方の三賢者(三博士)”に知らせたという「ベツレヘムの星」の名でも呼ばれます。

ちなみにクリスマスツリーのてっぺんに良くある星もベツレヘムの星を意味しています。確かにツリーなどのオーナメントと形がよく似ています。

★子どもに教えてあげられる
 散歩の草花図鑑

子どもに教えてあげられる 散歩の草花図鑑 (ビジュアルだいわ文庫)
子どもに教えてあげられる 散歩の草花図鑑 (ビジュアルだいわ文庫)

★植物学の売れ筋ランキング

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: 植物学 の中で最も人気のある商品です
Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: 植物学 の中で最も人気のある商品です