花や植物

スポンサーリンク
花や植物

ツユクサ(露草)の花言葉「なつかしい関係」は、叔父と甥である二人のオランダの植物学者にちなみます。

ツユクサ(露草)は田んぼの畦道、川の岸辺、空き地などでよく見られる、鮮やかで青い花びらが特徴的な草花。夏の花で最盛期は7月。実際には6月〜10月が開花時期で、長い期間咲いているところが見られます。
花や植物

可憐なノビル(野蒜)の花には不思議なムカゴ(珠芽)。花言葉“タフなあなたのことが好き”のいわれとは?

ノビル(野蒜)は、ヒガンバナ科ネギ亜科ネギ属の多年草。春先に土手、田んぼの畦道、原っぱなどに生える野草です。細長い葉を引っこ抜いた小さなラッキョウみたいな根は、昔から食用とされてきました。そんなノビルは5〜6月ごろに、不思議なムカゴ(珠芽)を付けながら可憐な花を咲かせます。
花や植物

春の草花をミルクピッチャーに生けて、小さいフラワーアレンジメントを作ってみます。

4月の下旬から5月の中旬あたりの季節は、草原や空き地、道端、公園などに、春から初夏の草花が様々に咲き乱れ、新緑とともに足元を華やかに彩ってくれます。そのままに散歩の折に楽しむのもいいですが、少々摘んでミルクピッチャーに生けて小さいフラワーアレンジメントにしてみるのも楽しいですよ。
花や植物

“愛らしい人”が花言葉。「庭石菖(ニワゼキショウ)」は、5〜6月頃に道端で花径1cmほどの可愛い花を咲かせます。

花の名前は「庭石菖(ニワゼキショウ)」で、北アメリカ原産のアヤメ科の花です。5〜6月頃に芝生や荒れ地、道端で花径1cmほどの小さな花を咲かせます。明治頃に観賞用として輸入されていますが、日本各所に広まって帰化植物となったのは、雑草としての種のようで、その種類はいくつもあるようです。
花や植物

「姫空木(ヒメウツギ)」は初夏や梅雨を知らせる白く美しい花。万葉集では24首も唄われています。

「姫空木(ヒメウツギ)」は日本原産のアジサイ科の低木の花。花言葉は「夏の訪れ」、「秘密の恋」などです。初夏や梅雨を知らせる花径2〜3cmの白く美しい花は、古くから庭木などでも人々に鑑賞され親しまれてきました。日本最古の和歌集「万葉集」でも、空木(ウツギ)、卯の花(ウノハナ)として24首も唄われています。
花や植物

初夏を知らせる「麦撫子(ムギナデシコ)」の花言葉は“小国の王”。気持ちよく風にそよぎます。

5月〜7月頃に咲く「麦撫子(ムギナデシコ)」は初夏を知らせる花。風にそよぐ姿が気持ち良さそうです。学名のAgrostemma(アグロステンマ)は、ギリシャ語で畑を意味する“アグロ”と、王冠を意味する“ステンマ”から名付けられました。花言葉は「気持ちがなびく」、「自然を好む」、「小国の王」などです。
花や植物

松葉海蘭(マツバウンラン)は北アメリカ原産の帰化植物。紫色の蘭にも似た可愛らしい花を咲かせます。

松葉海蘭(マツバウンラン)は北アメリカ原産の帰化植物。1941年(昭和16年)に京都伏見で確認されたのが最初です。4〜5月頃、細長い茎の先の方に、花径1cmほどの小さい花を咲かせます。真ん中が白く周囲が鮮やかな紫色の可愛らしいその花は、海岸の砂地に育つ「海蘭」に似ていて、葉が松のように細いから“松葉海蘭”という呼び名になったそうです。
スポンサーリンク