明治「マーブルチョコレート ジャンボ」は、昭和36年発売のマーブルチョコのでっかいバージョン。容量110gとたっぷり入ってます。

おやつ・お土産

明治マーブルチョコレート “ジャンボ”は、マーブルチョコの普通サイズを大きいサイズにした商品です。普通サイズには32g入っていますが、このジャンボには、なんと!その約3倍の110gも入っています。食べてもすぐ無くならないこの安心感って何でしょうね。「チョコレートは明治」らしく間違いない美味しさなのもグッドです。


明治マーブルチョコレートは1961年(昭和36年)に発売の、日本初の糖衣に包まれた粒状のチョコレート。筒状の容器に入れられた7色のカラフルなチョコは登場すると爆発的にヒットしました。すでに60周年を迎えている商品ですが、色とりどりのチョコレートの人気は今もなお健在で、子供でも大人でもワクワクすることに変わりはありません。


「マーブル」というと、英語で“大理石”を意味しますが、他にも“ビー玉”や“おはじき”という意味もあり、7色あるマーブルチョコレートの商品名はここに由来します。


筒状の容器もいいのですが、このカラフルさを楽しみたくて、プリンが入っていた小瓶に移し替えてみました。おぉコレ楽しいじゃないですか。いっぺんに全部食べないし、これを何処かに置いておいて気が向いたら食べるんです。減ったら足すことにします。

★マーブルチョコ

Amazon.co.jp: マーブルチョコ
Amazon.co.jp: マーブルチョコ

明治の大きいチョコレート

●「マカダミアチョコレート」大箱

明治「マカダミアチョコレート」大箱には、ナッツの王様マカダミアナッツのチョコがなんと20粒も入っています!
明治「マカダミアチョコレート」の発売は1976年(昭和51年)。ナッツの王様と呼ばれているマカダミアナッツが入っている皆が大好きなチョコレートです。普通の箱は9粒入りですが、この大箱にはなんとそれが20粒も入っているんです。嬉しいですね。

●「アーモンドチョコレート」大箱

明治「アーモンドチョコレート」の大箱が嬉しいです。中には何粒ぐらい入ってるの?
明治「アーモンドチョコレート」の発売は1962年(昭和37年)。玉子型のチョコレートは、その美味しさで昔から大人気です。この「大箱」は、箱の大きさもさることながら、アーモンドチョコが173gも入っていて、何だか嬉しい気分になってきます。普通の1箱が88gですから、美味しさもたっぷり楽しめますね。

●「ミルクチョコレート ビッグ」

明治「ミルクチョコレート ビッグ」は、重さ400gの大きな板チョコ。ひとかけらもデカいです。
明治「ミルクチョコレート ビッグ」は、あの誰もが知っている板チョコのどデカいバージョンです。通常の「ミルクチョコレート」1枚が50gに対して、このビッグはなんと400gもあります。箱の中身には普通サイズの板チョコが8枚入っているのでは?と思いきや…。大きな1枚の板チョコが入っているのでした。