美味しくて飽きのこないストックしたくなるレトルトカレー10選!実食したものをご紹介。

ごはん

沢山の種類があるレトルトカレー。その中から、スタンダードで飽きがこない美味しいカレー10種類を実食でご紹介します。

「ボンカレー」は1968年(昭和43年)発売の世界初のレトルト市販食品。懐かし50周年パッケージでいただきます。


誰もが昔から知っているボンカレーは、大塚食品が1968年(昭和43年)に発売し始めた、世界で初めてのレトルト市販食品のカレーです。2018年、50周年を迎えた、フランス語で“美味しい”を意味する“ボン”を商品名にした、レトルトカレー。


溶けかけたジャガイモが、たくさん入っています。尖った個性よりも、万人に受け入れられる美味しさを追求してきた「ボンカレー」の優しい味。


いまのボンカレーのレトルトは、箱を開けたら、そのまま電子レンジ500Wで1分40秒温めるだけで出来上がりです。湯煎することも、耐熱容器に移す必要もありません。随分進化したものです。

「ボンカレー」は1968年(昭和43年)発売の世界初のレトルト市販食品。懐かし50周年パッケージでいただきます。
誰もが昔から知っているボンカレーは、大塚食品が1968年(昭和43年)に発売し始めた、世界で初めてのレトルト市販食品のカレーです。2018年、50周年を迎えた、フランス語で“美味しい”を意味する“ボン”を商品名にした、レトルトカレー。懐かしい松山容子さんの50周年パッケージでいただきます。

ハウス「咖喱屋カレー」中辛はクセがなくて優しい味わい。食べ飽きない普段使いの美味しいカレーです。


ハウス「咖喱屋(カリーや)カレー」中辛は、クセがなくて優しい味わいのレトルトカレー。食べ飽きない普段使いの美味しいカレーとしてストックしておきたい商品の一つです。

最近のレトルトは、そのままレンジアップで出来上がりという商品が多いですが、この「咖喱屋カレー」も外箱を折り曲げてそのまま電子レンジ500W1分50秒で出来上がりです。湯煎に比べて時短になって、CO2排出量も削減されるのでエコにも貢献ということですね。


クセがないのでアレンジがしやすいのもスタンダードなカレーの良いところ。福神漬とラッキョウの他に、今回はゆで卵をトッピングして、ミニサラダと一緒にいただきます。


見た目よりもサラリとしたカレーの味は風味もよく、コク深い旨みはしっかりありながら、後味さっぱりで、重さやしつこさを感じさせない仕上り。食べ進めていると、とてもご飯が食べやすいことに気づきます。食べた後にもちょっと重たい感じが残るというのがないです。

ハウス「咖喱屋カレー」中辛はクセがなくて優しい味わい。食べ飽きない普段使いの美味しいカレーです。
ハウス「咖喱屋(カリーや)カレー」中辛は、クセがなくて優しい味わいのレトルトカレー。コク深い旨みはしっかりありながら、後味さっぱりで、重さやしつこさを感じさせない仕上りです。これが連続19年間もレトルトカレー売上第1位という人気の秘密かもしれません。

セブンプレミアム「ビーフカレー 中辛」は国産野菜が多めの、かなり美味しいスタンダードなカレー。トッピングでさらに旨さが加速します。


セブンプレミアム「ビーフカレー 中辛」は、国産のじゃがいもと人参、ビーフが多めの美味しいスタンダードなカレー。カレースタンドを彷彿とさせる、このカレーの味わい。中辛ですが、果実の甘さと、ほんのりとした辛さが絶妙のバランスです。


これに豚カツやコロッケなどをトッピングすれば旨さも満足度も完璧です。今回はこだわりの豚カツと福神漬をトッピング。そろ〜っと豚カツソースをアクセントにいただきましょう。


じゃがいもや人参も多めにはいっていて、甘くて程よい辛さが優しい美味しさです。個性的で特徴のあるカレーもそれはそれで美味しいのですが、それらとは別…。レトルトカレーは数あれど、こういうカレーは意外と探すのが難しかったりします。

セブンプレミアム「ビーフカレー 中辛」は国産野菜が多めの、かなり美味しいスタンダードなカレー。トッピングでさらに旨さが加速します。
セブンプレミアム「ビーフカレー 中辛」は、国産のじゃがいもと人参、ビーフが多めの美味しいスタンダードなカレー。カレースタンドを彷彿とさせる、このカレーの味わい。中辛ですが、果実の甘さと、ほんのりとした辛さが絶妙のバランスです。これに豚カツやコロッケなどをトッピングすれば旨さも満足度でも完璧です。

ハウス「プロクオリティ」ビーフカレーは、カレースタンド気分で色々トッピングを楽しめるレトルトです。


ハウス「プロクオリティ」ビーフカレー“まろやかブレンド”は、お家でカレースタンド気分を楽しめるレトルトカレー。マンゴーピューレを使った奥深い甘み、煮込んだ野菜、牛肉も煮ほどけていて具材の無い濃厚なカレーソースがそのポイントです。


カツやハンバーグ、目玉焼きに野菜など…、様々なトッピングを乗せるためのカレーとして最適なんです。


カツカレーほどメジャーでは無いかもしれませんが、このハンバーグ目玉焼きのせカレーも“カレースタンド”ではよく見かけます。目玉焼きは焼くとして、ハンバーグは凝ったものでなく、むしろ丸大ハンバーグとか、石井のハンバーグ、マルシンハンバーグなどの方が雰囲気出ます。なのでお手軽簡単に「丸大ハンバーグ」をトッピングしました。「うん、雰囲気出てるし、美味しい。」

ハウス「プロクオリティ」ビーフカレーは、カレースタンド気分で色々トッピングを楽しめるレトルトです。
ハウス「プロクオリティ」ビーフカレー“まろやかブレンド”は、お家でカレースタンド気分を楽しめるレトルトカレー。マンゴーピューレを使った奥深い甘み、煮込んだ野菜、牛肉も煮ほどけていて具材の無い濃厚なカレーソースがそのポイントです。カツやハンバーグ、目玉焼きに野菜など…、様々なトッピングを乗せるためのカレーとして最適なんです。

S&B「野菜もしっかりビーフカレー」は業務用カレーならではのアノ美味しさです。何処かで食べたことがあるかも?


S&B「野菜もしっかりビーフカレー」は、じゃがいも、人参などの国産野菜がゴロゴロと入っている業務用レトルトカレーです。その味わいは、街にあるカレースタンドやお店の個性際立つカレーたちとも違う美味しさ。それはドライブインとか、立ち食いそば屋のセットにありそうな、子供から大人まで誰もが美味しく食べられるカレーの味です。


アレンジがしやすいカレーに仕上げてあるということなので、なんとなく唐揚げをトッピングしてみましたが、たっぷり増量したという、炒め玉ねぎの甘味とコクのカレーとの相性もバッチリでした。

大ぶりの国産野菜がゴロゴロ入っているのにリーズナブルな価格もいいですよね。パッケージに「繁盛店のための」とある通りのハイレベルな仕上がりです。

S&B「野菜もしっかりビーフカレー」は業務用カレーならではのアノ美味しさです。何処かで食べたことがあるかも?
S&B「野菜もしっかりビーフカレー」は、じゃがいも、人参などの国産野菜がゴロゴロと入っている業務用レトルトカレーです。その味わいは、街にあるカレースタンドやお店の個性際立つカレーたちとも違う美味しさ。ドライブインとか、立ち食いそば屋のセットにありそうな、子供から大人まで誰もが美味しく食べられるカレーの味です。

「おいしさデカ盛りハンバーグカレー」は、チキンハンバーグが入っている、食べ応え充分な美味しいレトルトカレーです。


かわいい鶏が描かれたパッケージの「おいしさデカ盛りハンバーグカレー」は、チキンハンバーグが入っている、食べ応え充分な美味しいレトルトカレー。作っているのは、戦後間もない1949年(昭和24年)に福岡市で鶏肉の卸売業を始めた「トリゼンフーズ」という会社です。

おいしさデカ盛りと書いてありますが、内容量は200gと標準的です。ハンバーグが入っている満足度を指しているんですね。想像より細かな具も入っていて見るからに美味しそうじゃないですか。

カレールーは、想像どおりのペロリと食べられる「ああいう」甘めの美味しさです。具の細かさや調理具合もちょうどいい。そしてなんと言っても、チキンハンバーグの優しい美味しさもプラスされて食べ応えも充分なレトルトカレーに仕上がってます。これは、まとめ買いしてストックしておきたくなります。

「おいしさデカ盛りハンバーグカレー」は、チキンハンバーグが入っている、食べ応え充分な美味しいレトルトカレーです。
かわいい鶏が描かれたパッケージの「おいしさデカ盛りハンバーグカレー」は、チキンハンバーグが入っている、食べ応え充分な美味しいレトルトカレー。作っているのは、戦後間もない1949年(昭和24年)に福岡市で鶏肉の卸売業を始めた「トリゼンフーズ」という会社です。

「ゴーゴーカレー」のレトルトカレーはお店の味を完璧に再現していました。おウチでGoGo !


ゴーゴーカレーと言えば、金沢地域で愛されているカレーを「金沢カレー」として、全国に知らしめたと言っても過言ではないカレーのチェーン店です。お店のカレーは幾度となく食べてきましたが、果たしてお店の味と同じと感じられるでしょうか?

金沢カレーは濃厚で粘度も高いので、カレーに対してご飯の量は多めが良い(カレー1にご飯2)とアドバイスが書かれています。ご飯の上に温めたルーを掛けて、ロースカツとキャベツの千切りを乗せて、お好みのソースを斜めに掛けたら完成です。漂う匂いも、見た目の再現性もほぼ完璧なんじゃないでしょうか?

味は…。旨いですよ!お店と変わらないと思います。あのゴーゴーカレーの美味しさそのものです。濃厚でコクのあるカレーは、ロースカツとキャベツの千切りとともに、ご飯をどんどん進ませます。

「ゴーゴーカレー」のレトルトカレーはお店の味を完璧に再現していました。おウチでGoGo !
ゴーゴーカレーと言えば、金沢地域で愛されているカレーを「金沢カレー」として、全国に知らしめたと言っても過言ではないカレーのチェーン店です。お店のカレーは幾度となく食べてきましたが、たまたまスーパーで「ゴーゴーカレー」のレトルトが売られていたので、買って食べてみることにしました。果たしてお店の味と同じと感じられるでしょうか?

「チャンピオンカレー」は金沢カレーの源流。レトルトでその味わいを存分に楽しみます♫


“金沢カレー”の源流とも言える「チャンピオンカレー」。そのお店の味はまだ食べたことがないのですが、あの“チャンカレ”と呼ばれるチャンピオンカレーのレトルトを見つけました。


金沢カレーの中でも、より優しい味わい。ピリッと程よくスパイシーなところが、絶妙なアクセントになってクセになる・飽きない美味しさです。

いま一世を風靡する金沢カレーのお店は、鉄道弘済会が運営する金沢のレストラン「ニューカナザワ」で、1950年代に切磋琢磨したシェフ達が開いたお店がほとんどで、「チャンピオンカレー」も、その中の1人である田中吉和氏が創業しました。

「チャンピオンカレー」は金沢カレーの源流。レトルトでその味わいを存分に楽しみます♫
“金沢カレー”の源流とも言える「チャンピオンカレー」。そのお店の味はまだ食べたことがないのですが、あの“チャンカレ”と呼ばれるチャンピオンカレーのレトルトを見つけました。金沢カレーの中でも、より優しい味わい。ピリッと程よくスパイシーなところが、絶妙なアクセントになってクセになる・飽きない美味しさです。

ヤチオ「よこすか海軍カレー」にみる日本のカレーライスのルーツ。それは明治41年発行の「海軍割烹術参考書」にありました。


「よこすか海軍カレー」は、横須賀市、横須賀商工会議所、海上自衛隊横須賀地方総監部からなる「カレーの街よこすか推進委員会」が推進する地域活性化の核となるメニューです。街のあちこちのお店で供されるのはもちろん、お土産にもなる何種類ものレトルトカレーとして販売されています。株式会社ヤチオが作る、このレトルトの「よこすか海軍カレー」も、その中の一つで、レトルトカレーのライナップが充実しているスーパーなどには割と置かれている商品です。

そんな歴史あるレシピの「よこすか海軍カレー」を5分湯煎し、ご飯にかけて、福神漬けとらっきょう、それにゆで卵をトッピングしていただきます。結構甘めのカレールーですが、その上に並行してピリリとした辛味がしっかり立っています。優しい甘さはリンゴとマンゴチャツネが引き出してるんでしょう。

現代の家庭やお店で食べる、誰にでも引っかかるところがないマイルドで、良く出来たカレーは、元々はこうだったんだよ。っていう原点を想像させてくれる味わいです。じゃがいもやニンジン、牛肉などの具もゴロゴロ系を再現しているのも歴史を想像するのに一役かってます。

ヤチオ「よこすか海軍カレー」にみる日本のカレーライスのルーツ。それは明治41年発行の「海軍割烹術参考書」にありました。
「よこすか海軍カレー」は「カレーの街よこすか推進委員会」が推進する地域活性化の核となるメニューです。街のあちこちのお店で供されるのはもちろん、お土産にもなる何種類ものレトルトカレーとして販売されています。それは1908年(明治41年)発行の「海軍割烹術参考書」にある軍隊食だった“カレイライス”のレシピを現代流に復元したものです。

S&Bの御茶ノ水「大勝軒」復刻版カレーは、野菜ごろごろのコク深いレトルトカレー。懐かしさ漂う味わいです。


御茶ノ水「大勝軒」復刻版カレーは、野菜ごろごろのコク深いレトルトカレー。このカレーは1954年(昭和29年)に誕生した大勝軒のカレーを御茶ノ水店が復刻し、神田カレーグランプリ第7回で優勝したものをS&Bがレトルトカレーにした商品です。


それは、東京の東池袋にかつてあったラーメン店「東池袋大勝軒」の創業者、故 山岸一雄(やまぎし かずお)氏が、中野店店長の時代に子供の頃に食べた「海軍カレー」の記憶をたどりメニューに加えたカレーです。


豚肉、玉ねぎ、人参、じゃがいもをラードで炒めて、ラーメンスープで煮込んで仕上げたという当時のカレーを御茶ノ水店が復刻しました。

どうでしょうか?甘めで食べやすくコクもしっかり、様々なトッピングが楽しめるものばかり。金沢カレーも個性派でありながら、様々なトッピングを受け入れられるのは、その源流に優しい洋食を持つ証ですね。ストックしたくなりますね。