「チャンピオンカレー」は金沢カレーの源流。レトルトでその味わいを存分に楽しみます♫

ごはん

“金沢カレー”の源流とも言える「チャンピオンカレー」。そのお店の味はまだ食べたことがないのですが、たまたま買い物に行ったドラッグストアに、あの“チャンカレ”と呼ばれるチャンピオンカレーのレトルトを見つけました。

これを美味しく食べるために、好みの豚カツなどのトッピング、福神漬け、ラッキョウ、千切りキャベツをスタンバイしておきます。

金沢カレーと言うと、●ドロッとしたコク深いルー、●ステンレスの皿、●先割れスプーン、●キャベツの千切り、●ご飯が見えないルーのかけ方、●ルーの上の豚カツにソースといったいくつかの特徴が見られますが、僕の中では、金沢カレーの最大のポイントは、日本の洋食ならではのデミグラスソースの特徴が際立っていることだと考えています。

初めて食べたのはゴーゴーカレーで、そのクセになる美味さの特徴って何だろうか?としばらくは分からないままに、度々食べていました。

スポンサーリンク

次に、秋葉原のアルバカレーを食べて、初めて気づいたのが、日本の洋食のデミグラスソースのコク・旨味・風味が際立っている事でした。ビーフシチューの様な一面を持っていると表現した方が分かりやすいかもしれませんね。

チャンピオンカレーは、源流らしく金沢カレーの中でも、より優しい味わいです。それでいてピリッと程よくスパイシーなところが、絶妙なアクセントになっていて、クセになる・飽きない美味しさになっているようです。

いま一世を風靡する金沢カレーのお店は、鉄道弘済会が運営する金沢のレストラン「ニューカナザワ」で、1950年代に切磋琢磨したシェフ達が開いたお店がほとんどで、「チャンピオンカレー」も、その中の1人である田中吉和氏が創業しました。

前身である1961年(昭和36年)創業の「洋食のタナカ」では、カレーと豚カツ定食が大変人気だったそうで、これをワンプレートで提供し始めたのです。これが「金沢カレー」の始まりです。

カレーそのもののレシピは、田中氏が1960年代に同僚達に伝え、その時期にいくつかの名店が生まれています。アルバカレー創業者の今度忠氏も、チャンピオンカレーの工場長を務めていた経緯があります。

そんな様々な系譜を考えながら、美味しい金沢カレーの源流「チャンピオンカレー」を食べるのも、楽しみのひとつですね。

●「ゴーゴーカレー」のレトルトもお店と変わらないと思います。あのゴーゴーカレーの美味しさそのものです。

「ゴーゴーカレー」のレトルトカレーはお店の味を完璧に再現していました。おウチでGoGo !
ゴーゴーカレーと言えば、金沢地域で愛されているカレーを「金沢カレー」として、全国に知らしめたと言っても過言ではないカレーのチェーン店です。お店のカレーは幾度となく食べてきましたが、たまたまスーパーで「ゴーゴーカレー」のレトルトが売られていたので、買って食べてみることにしました。果たしてお店の味と同じと感じられるでしょうか?

●「カレーの市民アルバ」も金沢カレーの名店の一つです。

「カレーの市民アルバ」秋葉原本店のコク旨“ホームランカレー”は、お子様ランチのような嬉しい金沢カレーです。
「カレーの市民アルバ」で一度は食べてみたい人気ナンバー2の「ホームランカレー」。ステンレスの皿にキャベツの千切り、ご飯が見えないルーの掛け方、揚げたてサクサクのカツや海老フライ、目玉焼きにウインナー、先割れスプーン。まさしく金沢カレーの王道の容姿です。大量のタマネギ、野菜と牛肉を6時間以上煮込んで作られた、シチューがベースの味わい深いカレールーが絶品です。