2019-06

スポンサーリンク
ごはん

千駄木腰塚の自家製「ベリーハム」は、豚バラ肉を巻いて作ったジューシー絶品ハムです。

「千駄木 腰塚」は、東京は「谷根千(やねせん)」の「よみせ通り商店街」にある、創業1949年(昭和24年)創業の精肉店。自家製のハムやソーセージ、ベーコンやコンビーフなどを製造、販売しています。お店で特に人気の、豚バラ肉を巻いて作った、自家製の「ベリーハム」は、豚バラ肉を巻いて作ったジューシーな絶品ハムです。
おやつ・お土産

名古屋ご当地グルメ「たません」をフライパンで簡単に作ります。“エビせん”もしっかり焼くのがポイント!

「たません(玉せん)」は、名古屋市周辺のお祭りの屋台や、駄菓子屋などで食べられている、地元で愛されている、ご当地グルメです。この“たません”を、買ってきた海老せんべいを使って、フライパンで簡単に作ります。このレシピでは、“エビせん”もしっかり焼くので、美味しさも格別です。さっそく作ってみましょう。
ごはん

「ブラックカツカレー」はラホール外神田店の一押しメニュー。コク深くも、サラッと食べられるカレーです。

「ラホール外神田店」は、秋葉原の中央通りとパーツ通りの間を通る、路地に面した所にあるカレー専門店です。ブラックカツカレーはラホール一押しのカレー。美味しいのはもちろん、一度食べたらちょっとクセになる個性を放っています。程よくスパイシーで、コク深くも、わずかな酸味のあるサラリとした美味しさです。カツにもぴったり合っています。
ごはん

「神田明神」周辺で、気軽にランチを楽しめる8つのお店を実食でご紹介!

御茶ノ水の「神田明神」は、江戸、東京の総鎮守として1000年を優に超える歴史を持つ神社です。正式名称は明治時代に神田神社と改称されていますが、やはり明神様、“神田明神”の方が通りが良く、しっくりきますね。そんな神田明神のお参りの際、実食した近くで気軽にランチを楽しめる、8つのお店をご紹介。
ごはん

JR御茶ノ水駅から近い、コスパ良好ランチ実食10選!特徴ある店ばかりです。

JR御茶の水駅の南側の「御茶の水橋口」と「聖橋口」を、駅に沿うように結ぶ茗溪通り。昔から画材店、書店、沢山の飲食店がひしめいています。学生の街らしく、壁のように連なる雑居ビルには、店舗面積が極小でコストパフォーマンスの良い飲食店が沢山営業しています。ここ駅チカを中心に、美味しくて特色あるランチが食べられる10のお店を、まとめてご紹介。
おやつ・お土産

岡山名物「きびだんご」。山方永寿堂の吉備団子のパッケージデザインが可愛いです。

1946年(昭和21年)創業「山方永寿堂」の吉備団子。きな粉のきびだんごが10個入っている小箱のパッケージデザインが、なかなか楽しいです。箱をあけると…。ほらっ、桃太郎が現れました。桃太郎、犬、キジ、猿に、鬼のキャラクターがデザインされた包み紙も秀逸です。
ごはん

駅弁「ますのすし」は、程よい脂が乗った鱒の押し寿司。“源”が1912年から作り続けています。

駅弁「ますのすし」は、源(みなもと)の鱒寿司。富山を代表する名産品の一つです。脂の乗った鱒と、富山県のお米で丁寧に作られた美味しい押し寿司です。一度でも食べたことがあれば、ふとした時に思い出して、また無性に食べたくなる、100年以上前から人々に愛されている逸品です。
スポンサーリンク