「豚バラぽん酢南蛮蕎麦」を作ろう!まずは乾麺のそばを上手に茹で上げるのがポイント。

ごはん

甘辛く、濃い目の出汁つゆの立ち食い蕎麦。関東のあっちこっちに沢山ある、そんな立ち食い蕎麦屋のような蕎麦を、保存がきく乾麺の蕎麦を使って、おウチで楽しみます。

まずは美味しい“かけそば”を。

たぬき、きつね、月見、海老天、かき揚げ、ワカメ、カレー南蛮、カモ南蛮、コロッケ…。どれも美味しい定番メニューです。これらを楽しむためには、まずそのベースになる“かけそば”を美味しく茹で上げる必要があります。

ちょっと面倒ですが、鍋は3つ用意します。1つは麺つゆ用、2つ目は水でしめた麺を湯どうしするためのもの、3つ目は乾麺を茹でる鍋です。

1つ目の鍋の麺つゆは、ヤマサの昆布つゆを使います。カツオ出汁に加えて、昆布の出汁が効いているので旨味が違います。

100ccの昆布つゆに対して、水600cc強で割ったのが、一人前に少し余るぐらいの量。これを基準に必要な分のツユをグラグラ煮立たせないように、温めます。

2つ目の鍋には、水を入れて一旦沸騰させて脇に置いておきましょう。3つ目の鍋で、お好みの乾麺の蕎麦を茹でますが、指定されているカケ蕎麦の茹で時間より『1分少ない時間』で茹でましょう。コシと喉越しが必ず良くなります。

茹で上がった蕎麦は、ヌメリを水で良く洗い、シャキッと締めます。

それを2つ目の鍋の湯に一瞬通して、湯切りしたらどんぶりに装い、麺つゆをかけます。これで美味しい『かけそば』の完成です。

豚バラぽん酢南蛮蕎麦

さて、前置きが長かったですが、「豚バラぽん酢南蛮蕎麦」を作ります。材料は至ってシンプル。豚バラスライスと長ネギをフライパンで軽く炒めます。

火が通ったら、ぽん酢を回しかけ、一煮立ちさせたら冷まして味を染み込ませます。それを“かけそば”に乗せれば完成です。

豚バラとネギをぽん酢で仕上げることで、豚バラ肉はサッパリ、そして麺つゆと合わせた時に絶妙な旨みと甘みとなります。蕎麦とのハーモニーもバッチリですよ。