2019-05

スポンサーリンク
ごはん

「福ねこ弁当」は、猫を形どった二段の可愛いお弁当。「昴」と「風太」を連れて帰るよ〜♫

「福ねこ弁当」は、猫を形どった二段の弁当箱に、おかずとご飯が詰められた可愛いお弁当。東京駅に隣接する、大丸東京店の地下1階「ほっぺタウン」で販売されていた6種類の福ねこ弁当から「昴」と「風太」を連れて帰ることにしました。
おやつ・お土産

神戸フランツの「神戸魔法の壷プリン」は、小さな素焼きの壺に入った濃厚なプリンです。魔法は壺の底のカラメルソース?

神戸フランツの「神戸魔法の壷プリン」は、小さな素焼きの壺に入った、トロトロの濃厚な美味しいプリンです。一番上に甘いクリーム、その下に濃厚なカスタードプリン、一番底がカラメルソースの三層構造になっています。壺の底のカラメルソースは、予想に反して結構煮詰めた、ほろ苦い大人味です。〜魔法の〜というのは、このことかな?というぐらいの美味しさの変化を魅せます。
おやつ・お土産

「お昼ねプリン」はミルク感と玉子のコクが濃厚なリッチなプリン。赤いひよこマークの懐かしい小瓶に入ってます。

お昼ねプリンは、北海道旭川市で1984年(昭和59年)に創業した「エチュード洋菓子店」が作るプリンです。ちょっと懐かしさを感じる、赤い“ひよこ”のマークがプリントされた小さな瓶に入っています。柔らかいプリンは口に入れると滑らかに溶けていきます。ミルク感がタップリの甘く濃厚な味わい。そこに玉子がリッチなコクを加えている優しい美味しさです。
おやつ・お土産

カバヤ「さくさくぱんだ」は70種類の表情があるチョコビスケット。そのパンダと社名に込められた思いとは?

「さくさくぱんだ」は、1996年(平成8年)発売の、チョコレートとビスケットを組み合わせたお菓子。作っているのは大平洋戦争終戦翌年、1946年(昭和21年)創業のカバヤ食品株式会社です。スタンダードなチョコと、抹茶を買ってみました。パンダと社名に込められた思いとは。
ごはん

霧島山麓「育ちの卵」は、ねっとり濃厚なコク深い玉子。こだわり抜いた卵です。

霧島山麓「育ちの卵」は、宮崎県えびの市にある東康夫氏が営む養鶏場の卵です。生産者の東康夫氏が「康卵」と呼ぶこの卵。人が口にして食べるもの。『カラダに取り入れても本当に安全だ。』と自信を持って言える卵を、責任感と使命感を持って生産しているそうです。
スポンサーリンク