蕎麦

スポンサーリンク
ごはん

「めん処一ぷく」北朝霞店のカツカレーとミニそばセット。蕎麦つゆが美味しい立ち食いそば屋でいっぷくです。

「めん処一ぷく」北朝霞店は、JR武蔵野線「北朝霞駅」の東口を出てすぐの、高架下にある立ち食いそば屋。カツカレーとミニそばセットは、ちょうど良いサイズのスタンダードなカツカレーに、小さな丼のかけそばが付いています。袋ゆで麺の蕎麦ですが、荒挽きのそば粉を使用していて、枕崎産鰹節とサバ節、煮干、アジ節を、風味豊かにブレンドしたツユが美味しいです。
ごはん

「神田明神」周辺で、気軽にランチを楽しめる8つのお店を実食でご紹介!

御茶ノ水の「神田明神」は、江戸、東京の総鎮守として1000年を優に超える歴史を持つ神社です。正式名称は明治時代に神田神社と改称されていますが、やはり明神様、“神田明神”の方が通りが良く、しっくりきますね。そんな神田明神のお参りの際、実食した近くで気軽にランチを楽しめる、8つのお店をご紹介。
ごはん

JR御茶ノ水駅から近い、コスパ良好ランチ実食10選!特徴ある店ばかりです。

JR御茶の水駅の南側の「御茶の水橋口」と「聖橋口」を、駅に沿うように結ぶ茗溪通り。昔から画材店、書店、沢山の飲食店がひしめいています。学生の街らしく、壁のように連なる雑居ビルには、店舗面積が極小でコストパフォーマンスの良い飲食店が沢山営業しています。ここ駅チカを中心に、美味しくて特色あるランチが食べられる10のお店を、まとめてご紹介。
ごはん

「そばいち」神田店は、駅ナカの立ち食い蕎麦屋。茹で上げ生蕎麦を、甘く濃い目な合わせ出汁でいただきます。

JR神田駅の改札内にある「そばいち」神田店は、立ち食い蕎麦のチェーン店。最大の特徴は、すべての店舗が改札内の駅ナカにあって、美味しい生そばの茹で上げが食べられるということ。かつお節と、さば節を合わせた甘く濃い目な出汁つゆに、優しい麺がよく合います。神田店は京浜東北線、山手線と中央線の連絡通路にあり、ジャズが流れる落ち着いた雰囲気の中で蕎麦を楽しめます。
ごはん

そば処「はるな」は、本郷三丁目で1986年(昭和61年)に創業。立ち食いそば屋としてど真ん中の美味しさです。

そば処「はるな」は、本郷三丁目で1986年(昭和61年)から、30年以上も“立ち食いそば店”として商いを続けています。麺、丼、セットと、スタンダードかつ几帳面な一連のメニューは、どれも“立ち食いそば店”として、絶対にハズさないど真ん中の美味しさです。
ごはん

バラエティに富んだ、明神そば「きやり」神田明神前店の蕎麦ランチは、どれも美味しくて品がいい。

明神そば「きやり」神田明神前店は、その名の通り神田明神の随神門のすぐ門前にある、2003年(平成15年)にオープンした「株式会社 聚楽」が営む蕎麦屋です。神田明神に参拝する際に、美味しいお蕎麦を中心に、ランチや夕飯、一献傾けるのにちょうどいいお店です。
ごはん

立食い蕎麦「小諸そば」の茹で上げ蕎麦。きつね蕎麦に、上天丼セットを湯島一丁目店でいただきます。

「小諸そば」は昭和49年に、長野県小諸市にその名をあやかり、株式会社 三ッ和が、東京京橋で一号店を開いた立ち食い蕎麦のチェーン店。最大の特徴は白い更科の生そばを、お店で茹で上げて出していることです。神田明神にもほど近い湯島一丁目店で、きつね蕎麦と上天丼セットをいただきます。
スポンサーリンク