ラーメン

スポンサーリンク
ごはん

マルハニチロ「横浜あんかけラーメン」の美味しさは、まさに至福の広東麺。完成度が群を抜く冷凍ラーメンです。

1998年(平成10年)発売の「横浜あんかけラーメン」をマルハニチロと共同開発したのは広東名菜「赤坂璃宮」オーナーシェフである譚 彦彬(たん ひこあき)氏。餡掛けスープも麺も良く出来ていて、冷凍ラーメンとは思えない美味しい“広東麺”になっているのも至極納得です。
ごはん

マルちゃん正麺で作る「旨塩バターコーンラーメン」は、汗ばむ暑い日にピッタリの夏メニューです。

マルちゃん正麺は2011年(平成23年)に発売された、画期的な袋麺です。最大の特徴は茹で上げた“麺”が、まるで生麺のようなところ。スタンダードを極めた王道の液体スープも上出来な、その「旨塩味」を使ってバターコーンラーメンを作ります。食欲の落ちる汗ばむ暑い日にピッタリの夏メニューです。
ごはん

誰にでもある「日清カップヌードル」の思い出。例えば夏のプールサイドとか?そんなことを回想しながら味わいます。

「日清カップヌードル」の発売は1971年(昭和46年)。日清食品の創業者である安藤百福氏が開発した大ヒット商品です。いまでは世界中の人々が食べている超メジャーなカップ麺。この商品名には何だか特別な響きがあります。いくつかの強いイメージや、エモーショナルな当時のCMなどが織りなして脳裏に残っているからだと思います。
ごはん

1966年(昭和41年)発売の「明星チャルメラ」しょうゆラーメン。ホタテの旨味が効いたスープと、秘伝のスパイスが美味しさの秘密です。

「明星チャルメラ」しょうゆラーメンは1966年(昭和41年)発売のインスタント袋麺です。夜鳴きそばの屋台を引く“チャルメラおじさん”も懐かしい。忘れられない特徴ある美味しいスープの秘密はホタテの旨味と香味野菜です。「秘伝のスパイス」は数種類の香辛料。より香り高く“チャルメラ”を楽しむことができます。
ごはん

セブンの冷凍「胡麻が濃厚な坦々麺」。スープも麺もお店レベルの完成度です。

セブンイレブンで販売されている冷凍ラーメンは、そのクオリティの高さに驚かされるばかりです。キンレイが製造している醤油ラーメンや味噌ラーメンもそうですが、この日清が製造する「坦々麺」もまたレベルの高い美味しい逸品です。そのスープや麺は、お店レベルと言っても過言ではありません。
ごはん

セブンイレブンの冷凍「具付き醤油ラーメン」は、完成度の高いノスタルジックラーメンの味わいです。

セブンイレブンの冷凍「具付き醤油ラーメン」は、完成度の高いノスタルジックラーメンの味わいが楽しめます。出汁の旨味が幾重にも重なる醤油スープに、しっかりしたコシと弾力がある麺が良く合います。作っているのは、あのアルミ容器に入った「鍋焼きうどん」で有名な「キンレイ」なだけに、その美味しさは折り紙付きです。
ごはん

旨い「台湾まぜそば」を作ってみよう!市販のラーメンスープで味はバッチリ。

「台湾まぜそば」を、おウチで簡単に作ってみます。市販のラーメンスープを応用するので、お店並みに美味しく出来上がります。長ネギにニラ、豚挽肉をたっぷり入れて、卵黄をトッピング。しっかり混ぜて食べ進めれば、最後に楽しい追い飯が待ってます。
スポンサーリンク