日清本麺「濃厚味噌」は日清が本気で創った冷凍麺。スープはもちろん、茹でたてのような旨い麺がその特徴です。

ごはん

日清本麺「濃厚味噌」は、コシがあり噛み心地も風味も抜群な中太ちぢれ麺が、香味野菜とコクのある濃厚な味噌スープを持ち上げる食べごたえのある旨い冷凍麺です。


“日清が創りたかった本気の冷凍麺”と謳う日清のこの商品。麺の旨味や風味を逃さず、ゆでたての麺のような仕上がりになるという日清独自の「生麺ゆでたて凍結製法」で作られています。


作り方は、電子レンジ500Wで具付きの本体の具を上にして、約6分30秒チンしたら、付属のスープを熱湯250mlで溶かしたラーメン鉢に、そっと入れ良くほぐせば完成です。電子レンジで調理してこそ、旨さが実現するよう設計されたこの「生麺ゆでたて凍結製法」。麺や茹で時間など細かな検証を徹底的に重ね、なんとその完成までに6年もの時間を費やし実現したそうです。

スポンサーリンク


具は焼豚、メンマ、ねぎが入っているので、このままでも充分美味しく、この濃厚味噌ラーメンを味わうことができます。あるいは、お好みで、炒めた玉ねぎやもやし、肉みそ、ゆで卵などを加えてもいいかもしれません。


中太ちぢれ麺は、コシもあり噛み心地が良いです。ちぢれた太めの麺をワシワシと食べて旨い、お店の味噌ラーメンの、あの感じです。日清に限りませんが、この商品もまた、進化が止まらない冷凍ラーメンの世界を垣間見せてくれます。