どんぶり

スポンサーリンク
ごはん

御茶ノ水駅近くの「古ぢどり」の親子丼。ふわとろ半熟玉子でとじた奥美濃古地鶏は高コスパの逸品です。

「古ぢどり」は岐阜の地酒と、店名の由来ともなっている、奥美濃古地鶏を使った鶏料理が食べられる居酒屋ですが、ランチの時間帯に供される「親子丼」が、名物の一つになっています。とろっとろで、ふわっとした、上等な親子丼を気軽に食べられます。お値段も至ってリーズナブルなのも人気の秘密。
ごはん

鳴門千鳥本舗の「たこ飯の素」で「たこ飯丼」を作ります。焼き鳥と煮玉子のメインおかずに薬味も万全。

鳴門千鳥本舗「たこめし炊込みご飯の素」で炊いた「たこ飯」を、駅弁や仕出し弁当などをイメージしながら丼物にしていただきます。焼き鳥、煮玉子を乗せ、そこに、紅生姜、万能ねぎの小口切り、刻み海苔、炒り胡麻を、お好みでパラパラと。たこの旨味と香り、味もしっかりした「たこ飯」は、焼き鳥や煮玉子、他の薬味も手伝って旨い「たこ飯丼」になりました。
ごはん

「焼肉ランド マルタケ」のカルビクッパは、柔らかごろごろカルビに、旨みたっぷりテールスープで大人気のランチメニューです。

「焼肉ランド マルタケ」は、焼肉好きの間では知る人ぞ知る、人気の焼肉店です。食肉卸問屋と直接取引し、良質な肉をリーズナブルな価格で提供しています。そんな“マルタケ”には“肉を焼く”夜とは違った、ランチというもう一つの顔があります。数種類と少ないメニューの中でも、ゴロゴロとカルビの塊肉が入った、熱っ々の「カルビクッパ」がひときわ人気を集めています。
ごはん

焼肉丼「たどん」秋葉原店の“カルビ丼”は、炭火直火焼きの香ばしい肉と特製ダレで、ご飯がドンドン進みます。

その昔、神戸で「炭団」で焼かれて出されていた美味しい炭火焼肉を再現し、味わってもらいたいとの思いから名付けられた店名「たどん」。清潔感があるカウンター席のみのジャズが流れるお店です。このお店イチオシの炭火直火焼きの香ばしい「カルビ丼」に「肉プラス」を選び、ご飯を大盛(無料)にしていただきます。カウンターにあるキムチが食べ放題なのも嬉しいです。
ごはん

「かつや」の“かつ丼”が、安くて美味しくハイレベルな3つの理由。秋葉原店で食べつつ紐解きます。

かつ丼(竹:ロース120g)。僕が「かつや」でイチオシなのは“かつ丼”です。完成度の高いビジュアル。しかもかなり美味しいのです。この値段で、ともすると一般店を凌駕してしまう、これだけハイ・レベルなカツ丼を出せるっていったいどういうことなんでしょう?そこには3つの理由がありました。
ごはん

「炭焼豚丼 豚野郎」の旨すぎる豚丼は、備長炭で丁寧・豪快に焼かれた、まるで豚バラ肉の良質な蒲焼き丼。

厚さ6mmの豚バラ肉は余分な脂を2度焼きで程よく落とし、ジューシーで香ばしく炭火で焼き上げます。秘伝の甘辛いタレは、豚肉の旨味を引き出し、ご飯とも最高の相性。炭焼の豚バラ肉や甘辛いタレとよく合うようにご飯は炊き上げられています。
ごはん

秋葉原の「岡むら屋」のデラ肉めしは、牛スジ・豆腐・大根・玉子の王道煮込みのマリアージュ丼でした。

煮込んだ牛スジ肉に、煮込み豆腐、煮込み大根、煮込み玉子を乗せた茶色の丼です。はじめから美味しいのが決定しているかのような布陣。5時間煮込んだ牛スジ肉、染み染みの豆腐や玉子も加わり『煮込みはこうあるべし。』という主張を感じます。
スポンサーリンク