お弁当

スポンサーリンク
ごはん

割り下の美味しさからして違う!セブンイレブンの柿安監修「牛すき焼丼」は上出来の仕上がりです。

セブンイレブンの柿安監修「牛すき焼丼」は、1871年(明治4年)に牛鍋店として創業した柿安が監修した牛すき焼き丼です。牛肉の煮汁で煮込んだという野菜や豆腐もさることながら、ひとくち牛肉とご飯を頬張れば、その割り下の美味しさに気付きます。
ごはん

楽しいおかずが充実!セブンイレブン「おむすび弁当」は、小ぶりなおにぎりも3種類入った満足度の高いおにぎりセットです。

セブンイレブン「おむすび弁当」は、小ぶりなおにぎりが3種類に、楽しいおかずがたくさん入ったコンパクトなおにぎりセットです。ハンバーグ、ケチャップスパゲティ、鶏唐揚げ、ポテトコロッケ、半熟ゆで卵、赤ウインナー…。最近の“おにぎりセット”の「やる気度」に思わず注目してしまいます。
ごはん

だし巻き卵がでかくて楽しい!セブン「銀鮭焼き漬けとだし巻卵の弁当」は、和のおかず充実のお弁当です。

セブンイレブンの「銀鮭焼き漬けとだし巻卵の弁当」は、和のおかずの数々が冴える幕の内弁当。この手のお弁当ではかつて見たことがないのでは?というデカいだし巻き卵が入っています。他のおかずも、焼き鮭の醤油たれ漬け、鶏の柚子胡椒焼きなど充実しています。
ごはん

神田明神下 みやびの「江戸幕の内弁当」の美味しさは秀逸!装いも盛り付けも総じて味わい深いのです。

創業1978年(昭和53年)の神田明神下 みやびの「江戸幕の内弁当」は、上質で美味しい幕の内弁当。江戸らしい数々の品目の味わい、その盛り付けの美しさは、いつもながら流石だと感心してしまいます。
ごはん

可愛らしいパッケージのローソンおぎのや監修「おにぎりセット」。どこかに持って出掛けたい品目と味わいです。

ローソンで発売されている、峠の釜めし本舗おぎのや監修「おにぎりセット」は、どこかに持って出掛けたくなる可愛らしいパッケージのおにぎり弁当です。おぎのや監修らしい品目と味わいが秀逸です。これで税込399円(2021年11月時点)というお値段も優しいですね。
ごはん

ローソンまちかど厨房の「海鮮かき揚げ丼」の海老の多さに思わず笑み!甘辛出汁だれで大満足です。

ローソンまちかど厨房の「海鮮かき揚げ丼」は、玉ねぎや人参などの野菜に、イカと海老が入った海鮮かき揚げに、甘辛い出汁ダレを掛けていただく作り立ての丼ぶりです。ちょっと驚きなのは、身のしっかりしたプリッとした海老が沢山入っていること。美味しくて大満足です。
ごはん

ほっともっと「ロースカツカレー」に大満足。サクサクかつも新カレーも上出来の美味しさです。

ほっともっとの「ロースカツカレー」に大満足です。サクサクに揚げられた揚げたてロースカツに、甘くてコクのある新カレーがとても美味しいです。2021年8月にリニューアルされたチキンベースの新カレーも上出来です。
スポンサーリンク