お弁当

スポンサーリンク
ごはん

大船軒「驛辨 幕の内」に見る、幕の内弁当三種の神器とは?

「驛辨(えきべん) 幕の内」は、1898年(明治31年)創業の湘南鎌倉 大船軒が作る“幕の内弁当”です。それは鯵の押し寿司やサンドウィッチでも有名な、老舗の大船軒の示す、現代の幕の内弁当の定義とも取れる、充実の内容と美味しさに仕上がっていました。
ごはん

「小江戸旅弁当」は、栃木県の巴波川周辺で振舞われている“とちぎ江戸料理”が詰められた駅弁です。

“小江戸とちぎ”と呼ばれる、栃木県栃木市の巴波川(うずまがわ)周辺で、振舞われている「とちぎ江戸料理」を詰合せた駅弁。栃木市が、“食”でも小江戸を楽しんでもらおうと、創り上げたのが「とちぎ江戸料理」です。江戸時代の郷土、伝統料理を見直し再現しています。
ごはん

駅弁「ますのすし」は、程よい脂が乗った鱒の押し寿司。“源”が1912年から作り続けています。

駅弁「ますのすし」は、源(みなもと)の鱒寿司。富山を代表する名産品の一つです。脂の乗った鱒と、富山県のお米で丁寧に作られた美味しい押し寿司です。一度でも食べたことがあれば、ふとした時に思い出して、また無性に食べたくなる、100年以上前から人々に愛されている逸品です。
ごはん

すき家の「うな丼」特盛弁当は、蒲焼き2枚で、もう「うな重」の領域。肉厚ふっくら程よい脂のりです。

すき家の「うな丼」特盛弁当は、蒲焼きが2枚乗って、もう「うな重」の領域です。肉厚でふっくら柔らか、本当に程よい脂のりで、とても美味しいです。中国産のうなぎでも、この仕上がり・味・ボリューム・値段で、満足度の高いうな丼をテイクアウトで楽しめるのは嬉しいですね。
ごはん

まい泉「玉手箱」は通好みのお弁当。ヒレかつサンドと、いなり寿司と干瓢巻きが粋な取合せです。

まい泉「玉手箱」は通好みの、ちょっと粋なお弁当。竹皮プリントの横開きの弁当箱の中に、3切れの「ヒレかつサンド」と、いなり寿司が1つ、かんぴょう巻が2個、よく味の染みた煮物(人参、椎茸、高野豆腐、竹の子)、ガリが入っています。意外な組み合わせは、カツサンドと良くマッチする絶妙な美味しさになっています。
ごはん

「福ねこ弁当」は、猫を形どった二段の可愛いお弁当。「昴」と「風太」を連れて帰るよ〜♫

「福ねこ弁当」は、猫を形どった二段の弁当箱に、おかずとご飯が詰められた可愛いお弁当。東京駅に隣接する、大丸東京店の地下1階「ほっぺタウン」で販売されていた6種類の福ねこ弁当から「昴」と「風太」を連れて帰ることにしました。
ごはん

たかべん「鶏めし弁当」 は1934年に販売が開始されて以来、80年を超え人々に愛されてきたロングセラー駅弁です。

たかべん「鶏めし弁当」 は1934年(昭和9年)に販売が開始されて以来、80年を超え人々に愛されてきたロングセラー駅弁です。あの群馬県高崎駅の有名な駅弁「だるま弁当」を製造販売している、創業1884年(明治17年)の老舗、通称「たかべん(高崎弁当株式会社)」が作り続けてきた名作駅弁です。
スポンサーリンク