カルビー「かっぱえびせん匠海(たくみ)」は海老の風味も旨さもプレミアム。海人の藻塩が美味しさの決め手です。

おやつ・お土産

カルビー「かっぱえびせん匠海(たくみ)」は、2006年(平成18年)に登場した“こだわり”の「かっぱえびせん」です。“かっぱえびせん”は、その間違いない美味しさで、昔から皆に愛されてきましたが、その上を行く「匠海」は、そんなファンも思わず唸るプレミアムで上質な美味しさです。


「かっぱえびせん匠海」の素材になるのは、瀬戸内海産100%の天然海老と塩。パッケージは和テイストな高級感あるデザイン。手前が18枚入り、奥が10枚入りで、一枚一枚個包装されています。


普通のかっぱえびせんとは違って、平たい長方形の姿をした匠海は、軽さを失わない程度の、しっかりした食感で、海老の風味と旨味がたっぷり感じられます。


今では貴重な瀬戸内海産の天然海老は、水揚げされたら手作業で選別して、急速冷凍し、鮮度を保ったまま、カルビー発祥の地である広島の工場へ運ばれるのです。

スポンサーリンク


海老の味を最高に引き立てているのが塩です。これは瀬戸内海の上蒲刈島(かみかまがりじま)で丹念に作られている海人(あまびと)の藻塩(もしお)。

玉藻などの海藻に付いた塩を使って作られた塩で、通常の食塩よりも、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル分を遥かに多く含んでいてまろやかな味わいです。


ちょっとプレミアムな「かっぱえびせん匠海」もまた、“やめられない、とまらない”美味しさです。お土産にもプレゼントにも良さそうです。

“かっぱえびせん”の歴史

ちなみに、“かっぱえびせん”の歴史は、1955年(昭和30年)発売の、あられの中にエビを入れた「かっぱあられ」がその始まりです。その商品名は、漫画家の清水崑氏の「かっぱ天国」のかっぱを、キャラクターとしてパッケージに起用したことによります。


エビを入れるというアイデアは、カルビー創業者の松尾孝氏が少年の頃、生まれ故郷の広島の川でとったエビをかき揚げにして食べていたぐらい、海老の天ぷらが好物だったから。その後、27番目の商品として、量り売り用の一斗缶で1964年(昭和39年)に発売されたのが「かっぱえびせん」です。

発売当時はあまり売れなかったそうですが、袋詰にして、1969年(昭和44年)に、あの、お馴染みのキャッチフレーズ『やめられない、とまらない〜』のテレビCMが放映されると、またたく間に売れて、カルビー製菓の売上高を大きく伸ばす、大人気商品になったのです。

[ 広告 ]

ベーカリーピカソ
『牛肉ゴロゴロカレーパン』

おいしさをギュッと閉じ込め急速冷凍で全国へお届けします。

【カレーパングランプリ6年連続金賞受賞】子どもから大人まで、地元名古屋のお客様を中心に愛され、多いときには1日約3000個を販売!

《限定特典、限定プラン多数》
どこよりも安い期間限定「平日ご優待プラン」が人気!圧倒的低料金でのプランが販売できるのは、通年で用意できるものではないから。
《日本限定開発》
対象Echoデバイス専用
ドラえもんスタンド販売開始

《本製品発売記念》
Alexaスキル「ドラえもん時報」を提供開始。ドラえもん時報スキルご利用時に、ドラえもんからのスペシャルメッセージ(30種類以上)も聴ける購入特典を併せて提供。
Amazon