たかべん「鶏めし弁当」 は1934年に販売が開始されて以来、80年を超え人々に愛されてきたロングセラー駅弁です。

ごはん

たかべん「鶏めし弁当」 は1934年(昭和9年)に販売が開始されて以来、80年を超え人々に愛されてきたロングセラー駅弁です。あの群馬県高崎駅の有名な駅弁「だるま弁当」を製造販売している、創業1884年(明治17年)の老舗、通称「たかべん(高崎弁当株式会社)」が作り続けてきた名作駅弁です。

「だるま弁当」

「だるま弁当」の真っ赤な入れ物は、縁起物の福だるま。明治17年創業“たかべん”の高崎駅名物の駅弁です。
「だるま市」で売られる開運・縁起物のだるまにあやかり、1960年に販売をはじめた「だるま弁当」。今では、この赤いだるまのカタチをした駅弁がすっかり有名に。「食べ終わったら貯金箱にももなる。」ということでも良く知られている群馬の山の幸が沢山のった、しっかり味の美味しい駅弁です。

パッケージデザインも中身も、ノスタルジックな見た目なのが素敵です。もちろん懐かしさだけで80年以上も販売し続けられる訳もなく、九州出身の当時のご主人が、鶏肉にこだわり、様々な調理方法を駆使して作った、この鶏づくしの駅弁は、やはり間違いなく美味しいのです。

一見すると茶色くて地味な様ですが、鶏の照り焼きに、冷製で食べることが前提のコールドチキン、醤油で炊いた茶飯の上には海苔、鶏そぼろ。舞茸入りの肉団子に、栗の甘露煮、カリカリ梅、ワサビ風味の野沢菜漬け、赤こんにゃくと、通好みの抜かりない布陣になっています。

冷めても程よく柔らかく美味しい、鶏の照り焼き。こういう仕事はなかなか難しいと思います。

醤油、みりんで、甘く炒ってある、この鶏そぼろが、素晴らしい!普通に考えている鶏そぼろではない、細かいおぼろのようなコレは、最高に美味しいと思います。ず〜っと食べていられそうです。何だったら、これの瓶詰めが欲しいぐらいです。

舞茸入りの肉団子は、黒々とした鶏つくねのようで、それとは違う旨味、風味を持った美味しい一品です。あえて“つくね”と言わなくて正解だと思います。

こだわりは、まだあります。お弁当箱は、美味しく食べられるように「木箱」で。しかも電子レンジで温めても大丈夫な作りになっています。昔ながらの味わいを大切に守っている「鶏めし弁当」。懐かしさより、未だに美味しさが際立っているのが、ロングセラーの秘密だと思うのでした。

たかべん「鶏めし弁当」は駅改札内にあるエキュート上野の「駅弁屋 匠(たくみ)」で買いました。東日本エリアをはじめ全国の様々な駅弁が買えます。

エキュート上野「駅弁屋 匠」
〒110-0005 東京都台東区上野7丁目1−1

にっぽん全国100駅弁 鹿児島中央駅から稚内駅までEKB100! | 櫻井 寛 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで櫻井 寛のにっぽん全国100駅弁 鹿児島中央駅から稚内駅までEKB100!。アマゾンならポイント還元本が多数。櫻井 寛作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またにっぽん全国100駅弁 鹿児島中央駅から稚内駅までEKB100!もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
旅鉄BOOKS 026 駅弁大百科 | 「旅と鉄道」編集部 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで「旅と鉄道」編集部の旅鉄BOOKS 026 駅弁大百科。アマゾンならポイント還元本が多数。「旅と鉄道」編集部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また旅鉄BOOKS 026 駅弁大百科もアマゾン配送商品なら通常配送無料。