「おこわ米八」のおこわのお弁当。季節・旬を感じる、美味しいおかずたちに彩られています。

ごはん

「おこわ米八」は、デパ地下、駅ナカなど、首都圏・関西圏を中心に約90店舗を展開している創作おこわの専門店です。作られるおこわの種類は年間20種類以上にもおよびます。

漢字で“御強”と書く「おこわ」は、“こわい(堅い)”ご飯、「強飯(こわめし)」をあらわした言葉で、皆んなにお馴染みの、もち米を蒸したご飯のことをそう呼んでいます。

その昔、もち米は貴重だったので、お祝い事や、お祭り、お正月など、特別なハレの日に食べられてきた食べ物でもあります。お赤飯もその一つですが、何より、蒸された主役の具材と、あのモッチリしたもち米は、思わず笑みがこぼれるような美味しさです。

お店にはいつも、量り売りで買える、見るからに美味しそうな定番おこわと、季節おこわが並び、その脇にはお弁当が並びます。おこわの量り売りも魅力的ですが、米八のお弁当が、また美味しいのです。

幕の内弁当

赤魚の白醤油焼き、がんも・さつまいも・人参・里芋・蓮根・豆の煮物、厚焼き玉子、金平ごぼう、くわい団子、漬物。これに、五目おこわ、お赤飯、牛おこわと、なんとも贅沢な幕の内弁当です。これで税込972円(2019年8月時点)は良心的な価格だと思います。

主菜も副菜も、とにかく「旬」の食材にはこだわっていて、味だけでなく、食感・彩り・香りでも楽しめるように作られています。

特製黒酢のチキン野菜和え弁当

チキンと野菜の黒酢和えは、かぼちゃ、パプリカ、いんげん、蓮根、じゃがいもを、衣をまとったチキンと甘辛い黒酢ダレであえた一品。程よくローストされた野菜たちが美味しいです。ちょっと真似してみたくなります。

それに厚焼き玉子、金平ごぼう、糸こんにゃくの山椒煮、ひじき煮、漬物が添えられています。おこわは、お赤飯、栗おこわ、五目おこわです。これも税込999円(2019年8月時点)とリーズナブルです。

お弁当を選んでいる人たちは、皆んな真剣な面持ち。というのも同じお弁当なのですが、詰められているおこわの種類や組み合わせが違うので、皆んな自分好みの組み合わせを選んでいるわけです。それは真剣になっちゃいますよね。

おこわ米八

おこわ米八 よねはち
店舗で手作り、おこわとお弁当のお店「おこわ米八 よねはち」のオフィシャルサイトです。おこわ専門店として全国百貨店の食品フロアを中心に販売を行っています。商品紹介や店舗情報、求人情報、最新の情報などをご覧いただけます。