細打うどん「竹や」の名物「海老天カレーうどん」。クリーミーな出汁つゆに海老天5尾、モチっと食感ツルッとした喉越しの麺が絶品です。

ごはん

お茶の水、湯島周辺で美味しいカレーうどんが食べられるお店と言えば、ここ細打うどん「竹や」。何気に都内でも屈指のカレーうどんだったりします。神田明神にもほど近く、お昼時はいつも行列です。

ビルの1階で暖簾を掲げ、ちょっと洒落っ気があり品のいい店内も特長の1つ。

「竹や」のうどんは、宮崎うどんの流れをくんでいます。讃岐うどんなどとは違い、色白で細打ちの麺は、ちょうど良いコシとモチっとした食感、ツルッとした喉越しです。そして出汁をしっかり効かせた甘めのツユも宮崎うどんの特長の一つ。

竹やのツユに宮崎の醤油が使われているのは、こだわりもあるのでしょうが、そうでないと宮崎うどんの出汁の特長を出すのが難しいからではないでしょうか。

普通の「カレーうどん」も用意されていますが、竹やの名物は何と言っても「海老天カレーうどん」です。これに好みで、白いご飯か、しめじご飯を付けます。

僕がオーダーした時は「海老天カレーうどんと…」と言ったところで「しめじご飯ですねぇ。」と先回りされてしまいました。しめじご飯で正解ですが、きっとこの組み合わせが多いんでしょうね。

竹やのカレーうどんの最大の特徴は、しっかりした甘めの出汁に牛乳をたっぷり加えて作られた、まろやかでクリーミーなカレーつゆ。それが細打ちうどんに良く絡んで、とても美味しいです。

ツルツルっ〜ツルツルっ〜とすすります。紙ナプキンも一緒に出してくれるので、カレーの飛び跳ねもあまり気にせずに食べられます。特に女性には嬉しい心遣いですね。

まるっとなった海老天は5尾入っています。カラッとサクサクに揚がった、白いコロモの天ぷら。カレーつゆとの相性も良く、小ぶりですがプリッと厚みのある海老天が楽しめます。

食べ進めるうちに溶けていく海老天の衣の油がつゆに足され、カレーうどんをより一層、奥行きのある深い味わいにします。しめじご飯も、このカレーうどんによく合います。

もちっとした細打ちうどんに、全部飲み干したいクリーミーで美味しいカレーつゆ。まるっとした海老天も相まって、竹やの“海老天カレーうどん”は、他にはない絶品です。

細打うどん 竹や
〒113-0034 東京都文京区湯島1丁目9−15 御茶ノ水HYビル1階

スポンサーリンク
ごはん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぼちぼち歩く