東京八重洲「築地 銀だこハイボール酒場」のランチ。カツカレーとタレカツ丼は、たこ焼きに負けず劣らず美味いです。

ごはん

「築地 銀だこハイボール酒場 八重洲北口店」は、外はカリッと中はハフハフの、あのたこ焼きをメインにお酒が飲めるバルの様な居酒屋です。相変わらず、美味しいたこ焼きです。

昼間はたこ焼きやランチを出してて、その2種類のランチメニューがなかなかのクオリティ。美味しいし安いから普段使いのランチ候補に入れておいていいかもしれません。

皆んな大好きなカツカレー。サックサクの衣に、スジも見当たらない柔らかいカツです。カレーはじゃがいもも入ってて、単体でもしっかりと美味しい出来です。このカツカレーが450円で出せるって素晴らしいです。貧弱な感じが全くないのも好印象です。

出来上がったカレーをカウンターで受け取る時に、そばに置いてある、たこ焼き用の甘いソースをカツにかけていただきます。カツにカレーがかかってないので、カツ、ご飯、カレーの組み合わせを変えながら食べ進められるのもポイント。

タレカツ丼は、ヒレ肉のカツを甘辛いオリジナルのタレにくぐらせた丼。刻み海苔を乗せたご飯にヒレカツ3枚と黄色いタクアンがオン。味噌汁がついて550円です。

柔らかく淡白なヒレ肉のカツは、結構な甘さのオリジナルのタレをまとい、ご飯をかきこませる仕上げになってます。刻み海苔とタクアンはそれを加速させる名脇役。和がらしが付いてるところも分かってるなぁ。ペロッと完食です。

この2つのランチメニューのいずれかと、たこ焼きを一緒に食べている人もちらほら見かけます。たこ焼き屋のランチもいいもんです。

築地 銀だこハイボール酒場 八重洲北口店
〒103-0028 東京都中央区八重洲1丁目5-10

スポンサーリンク
ごはん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぼちぼち歩く