ごはん

スポンサーリンク
ごはん

大船軒「驛辨 幕の内」に見る、幕の内弁当三種の神器とは?

「驛辨(えきべん) 幕の内」は、1898年(明治31年)創業の湘南鎌倉 大船軒が作る“幕の内弁当”です。それは鯵の押し寿司やサンドウィッチでも有名な、老舗の大船軒の示す、現代の幕の内弁当の定義とも取れる、充実の内容と美味しさに仕上がっていました。
ごはん

「小江戸旅弁当」は、栃木県の巴波川周辺で振舞われている“とちぎ江戸料理”が詰められた駅弁です。

“小江戸とちぎ”と呼ばれる、栃木県栃木市の巴波川(うずまがわ)周辺で、振舞われている「とちぎ江戸料理」を詰合せた駅弁。栃木市が、“食”でも小江戸を楽しんでもらおうと、創り上げたのが「とちぎ江戸料理」です。江戸時代の郷土、伝統料理を見直し再現しています。
ごはん

「餃子の王将 Express」アトレ秋葉原店で、一推しの「かき揚げラーメン」をいただきます。焼豚とメンマの迫力あるかき揚げです。

「餃子の王将 Express」は、JR秋葉原駅の電気街口のアトレ秋葉原1階にある、“餃子の王将”新業態店舗1号店です。最大の特徴は、“立ち食いラーメン”店だということです。なんと18席分すべてがスタンディングになっています。立ち食いそばのごとく“かき揚げ”を推す、スープが醤油、白醤油、醤油豚骨の3種類の中から選べる「かき揚げラーメン」と「ひとくち餃子」を食べてみます。
ごはん

千駄木腰塚の自家製「ベリーハム」は、豚バラ肉を巻いて作ったジューシー絶品ハムです。

「千駄木 腰塚」は、東京は「谷根千(やねせん)」の「よみせ通り商店街」にある、創業1949年(昭和24年)創業の精肉店。自家製のハムやソーセージ、ベーコンやコンビーフなどを製造、販売しています。お店で特に人気の、豚バラ肉を巻いて作った、自家製の「ベリーハム」は、豚バラ肉を巻いて作ったジューシーな絶品ハムです。
ごはん

「ブラックカツカレー」はラホール外神田店の一押しメニュー。コク深くも、サラッと食べられるカレーです。

「ラホール外神田店」は、秋葉原の中央通りとパーツ通りの間を通る、路地に面した所にあるカレー専門店です。ブラックカツカレーはラホール一押しのカレー。美味しいのはもちろん、一度食べたらちょっとクセになる個性を放っています。程よくスパイシーで、コク深くも、わずかな酸味のあるサラリとした美味しさです。カツにもぴったり合っています。
ごはん

「神田明神」周辺で、気軽にランチを楽しめる8つのお店を実食でご紹介!

御茶ノ水の「神田明神」は、江戸、東京の総鎮守として1000年を優に超える歴史を持つ神社です。正式名称は明治時代に神田神社と改称されていますが、やはり明神様、“神田明神”の方が通りが良く、しっくりきますね。そんな神田明神のお参りの際、実食した近くで気軽にランチを楽しめる、8つのお店をご紹介。
ごはん

JR御茶ノ水駅から近い、コスパ良好ランチ実食10選!特徴ある店ばかりです。

JR御茶の水駅の南側の「御茶の水橋口」と「聖橋口」を、駅に沿うように結ぶ茗溪通り。昔から画材店、書店、沢山の飲食店がひしめいています。学生の街らしく、壁のように連なる雑居ビルには、店舗面積が極小でコストパフォーマンスの良い飲食店が沢山営業しています。ここ駅チカを中心に、美味しくて特色あるランチが食べられる10のお店を、まとめてご紹介。
スポンサーリンク