カレー

スポンサーリンク
ごはん

にしきや「デリシャストマトのキーマカレー」は、パスタソースにすると最高の美味しさです。

“にしきや”は1939年(昭和14年)に創業した、宮城県にある「株式会社にしき食品」のオリジナルブランド。その「デリシャストマトのキーマカレー」は、ご飯と共に食べても美味しいのですが、実はカレーとは言いつつ、そのこだわりの“トマトと鶏ひき肉”という素材と製法で、パスタソースとして食べたら最高に美味しいのです。
ごはん

「めん処一ぷく」北朝霞店のカツカレーとミニそばセット。蕎麦つゆが美味しい立ち食いそば屋でいっぷくです。

「めん処一ぷく」北朝霞店は、JR武蔵野線「北朝霞駅」の東口を出てすぐの、高架下にある立ち食いそば屋。カツカレーとミニそばセットは、ちょうど良いサイズのスタンダードなカツカレーに、小さな丼のかけそばが付いています。袋ゆで麺の蕎麦ですが、荒挽きのそば粉を使用していて、枕崎産鰹節とサバ節、煮干、アジ節を、風味豊かにブレンドしたツユが美味しいです。
ごはん

「ブラックカツカレー」はラホール外神田店の一押しメニュー。コク深くも、サラッと食べられるカレーです。

「ラホール外神田店」は、秋葉原の中央通りとパーツ通りの間を通る、路地に面した所にあるカレー専門店です。ブラックカツカレーはラホール一押しのカレー。美味しいのはもちろん、一度食べたらちょっとクセになる個性を放っています。程よくスパイシーで、コク深くも、わずかな酸味のあるサラリとした美味しさです。カツにもぴったり合っています。
ごはん

「神田明神」周辺で、気軽にランチを楽しめる8つのお店を実食でご紹介!

御茶ノ水の「神田明神」は、江戸、東京の総鎮守として1000年を優に超える歴史を持つ神社です。正式名称は明治時代に神田神社と改称されていますが、やはり明神様、“神田明神”の方が通りが良く、しっくりきますね。そんな神田明神のお参りの際、実食した近くで気軽にランチを楽しめる、8つのお店をご紹介。
ごはん

JR御茶ノ水駅から近い、コスパ良好ランチ実食10選!特徴ある店ばかりです。

JR御茶の水駅の南側の「御茶の水橋口」と「聖橋口」を、駅に沿うように結ぶ茗溪通り。昔から画材店、書店、沢山の飲食店がひしめいています。学生の街らしく、壁のように連なる雑居ビルには、店舗面積が極小でコストパフォーマンスの良い飲食店が沢山営業しています。ここ駅チカを中心に、美味しくて特色あるランチが食べられる10のお店を、まとめてご紹介。
ごはん

末広町のレストラン「尹(マサ MASA)」。自慢の牛スジカレーに、極厚カツが乗った「カツカレー」が絶品です。

末広町の路地裏にあるレストラン「尹(マサ MASA)」のランチはオムライスがメイン。足繁く通う近隣のサラリーマンたちに人気の看板メニューです。でも、この店でぜひ食べておきたいのが「カツカレー」。ちょっと驚きの極厚のカツに、店自慢のコク深い牛スジカレーが絶品なんです。
ごはん

「ボンカレー」は1968年(昭和43年)発売の世界初のレトルト市販食品。懐かし50周年パッケージでいただきます。

誰もが昔から知っているボンカレーは、大塚食品が1968年(昭和43年)に発売し始めた、世界で初めてのレトルト市販食品のカレーです。2018年、50周年を迎えた、フランス語で“美味しい”を意味する“ボン”を商品名にした、レトルトカレー。懐かしい松山容子さんの50周年パッケージでいただきます。
スポンサーリンク