カレー

スポンサーリンク
ごはん

末広町のレストラン「尹(マサ MASA)」。自慢の牛スジカレーに、極厚カツが乗った「カツカレー」が絶品です。

末広町の路地裏にあるレストラン「尹(マサ MASA)」のランチはオムライスがメイン。足繁く通う近隣のサラリーマンたちに人気の看板メニューです。でも、この店でぜひ食べておきたいのが「カツカレー」。ちょっと驚きの極厚のカツに、店自慢のコク深い牛スジカレーが絶品なんです。
ごはん

「ボンカレー」は1968年(昭和43年)発売の世界初のレトルト市販食品。懐かし50周年パッケージでいただきます。

誰もが昔から知っているボンカレーは、大塚食品が1968年(昭和43年)に発売し始めた、世界で初めてのレトルト市販食品のカレーです。2018年、50周年を迎えた、フランス語で“美味しい”を意味する“ボン”を商品名にした、レトルトカレー。懐かしい松山容子さんの50周年パッケージでいただきます。
ごはん

セブンイレブンのスパイシーな「インド風チキンカレー」缶詰は、見た目も味もプレミアム感たっぷり。

セブンイレブン「インド風チキンカレー」缶詰は、沢山の種類があるレトルトカレー全盛の時代に、珍しく“缶詰”で販売されている...
ごはん

ハウス「ふっくらナンミックス」は水とこねてフライパンで焼くだけで、美味しい焼き立てナンが作れます。

House(ハウス)カレーパートナー「ふっくらナンミックス」は水とこねて、オーブントースターで焼けば焼き立ての“ナン”が楽しめるナン専用ミックス粉の商品。パッケージに書かれているフライパンで焼く方法でナンを作ってみました。ふっくら美味しく焼けました。
おやつ・お土産

「金沢かれいぱん」はスティックタイプのコーヒーに合う冷凍カレーパン。もちっりパン生地、甘めのカレーが美味しいです。

小さなスティックタイプの冷凍カレーパン「金沢かれいぱん」は、金沢カレーのお膝元、石川県金沢市にある「ワールドコーヒー商会」が製造・販売しています。社名の通り、創業はコーヒーを取り扱う会社。「コーヒーにも合うカレーパンを。」ということで開発されました。油で揚げず、スティック状で口が汚れにくいのも人気の秘密です。
ごはん

末広町のコーヒー・レストラン「すえひろ」の美味しい洋食ランチ。和食も抑えたレギュラーメニューが秀逸です。

「末広町」の神田五丁目交差点近くの路地にあるコーヒー・レストラン「すえひろ」。程よく枯れた店構えですが、ランチメニューは、豚肉しょうが焼定食、ハンバーグ定食、とり天、あじフライ・コロッケ、さば塩焼定食、カレーライス目玉焼きのせ…などなど、どれも美味しいものばかり。
ごはん

「カレー屋ジョニー」は、お茶の水の茗渓通りにある狭小カレー店。揚げたてロースカツに酸味のあるルーが良く合います。

色褪せたヒサシ看板が、いい雰囲気の御茶ノ水の茗渓通り「カレー屋ジョニー」は、2006年(平成18年)にオープンしたスタンドカレーのお店。オーダーが入ってから揚げ始めるロースカツが乗った美味しいロースカツカレーのルーは、粘度は低めで、割と酸味があるタイプです。
スポンサーリンク