スポンサーリンク
おやつ・お土産

崎陽軒の「シウマイまん」は、あの美味しい“シウマイ”を餡にした、小さい中華饅頭です。

崎陽軒の「シウマイまん」10個入は、あの美味しさでは折り紙付きの、1928年(昭和3年)に販売が開始された“シウマイ”を餡にした、小さい中華饅頭です。中華まんの表面にある、“ひょうちゃん”の刻印も楽しいですね。
ごはん

「めん処一ぷく」北朝霞店のカツカレーとミニそばセット。蕎麦つゆが美味しい立ち食いそば屋でいっぷくです。

「めん処一ぷく」北朝霞店は、JR武蔵野線「北朝霞駅」の東口を出てすぐの、高架下にある立ち食いそば屋。カツカレーとミニそばセットは、ちょうど良いサイズのスタンダードなカツカレーに、小さな丼のかけそばが付いています。袋ゆで麺の蕎麦ですが、荒挽きのそば粉を使用していて、枕崎産鰹節とサバ節、煮干、アジ節を、風味豊かにブレンドしたツユが美味しいです。
ごはん

山陰鳥取「かにめし」は、かにのほぐし身タップリの、アベ鳥取堂の駅弁。カニ爪2本入も嬉しいです。

山陰鳥取「かにめし」は、長年、山陰の松葉ガニを、美味しく加工し続けてきた、1910年(明治43年)創業のアベ鳥取堂が作る駅弁です。可愛らしい、カニ型の赤い弁当箱の中には、カニの炊き込みご飯に、かに味噌、程よく味付けされた、かにのほぐし身が、たっぷり散らしてあります。カニ爪も2本入って、カニを活かしきった美味しさに仕上がっています。
ごはん

吉田屋の「三陸産 やわらか穴子めし」は、柔らか煮穴子の炙り焼き。香ばしさが美味しさの秘密です。

三陸産「やわらか穴子めし」は、青森県八戸駅で、1892年(明治25年)に創業した吉田屋が作る駅弁。“穴子めし”の駅弁には色々ありますが、この穴子めしは、三陸産の穴子を丸々一本、ふっくらと柔らかく煮てから、甘辛のタレをくぐらせて、炙り焼きにしているところが最大のポイントです。
おやつ・お土産

サロン・ド・テ「アンジェリーナ」のモンブランは、濃厚なマロンクリームと、生クリーム、メレンゲが織りなす絶品の美味しさです。

アンジェリーナ(ANGELINA)は、ルネ・ランペルマイエ氏が、パリのリヴォリ通りで、1903年に創業した老舗のサロン・ド・テ。彼の妻の名である“アンジェリーナ”を冠したこの店で、創業当時から変わらないレシピで作られてきたモンブランは、濃厚なマロンクリームと、生クリーム、メレンゲが織りなす絶品の美味しさで、愛され続けています。
ごはん

大船軒「驛辨 幕の内」に見る、幕の内弁当三種の神器とは?

「驛辨(えきべん) 幕の内」は、1898年(明治31年)創業の湘南鎌倉 大船軒が作る“幕の内弁当”です。それは鯵の押し寿司やサンドウィッチでも有名な、老舗の大船軒の示す、現代の幕の内弁当の定義とも取れる、充実の内容と美味しさに仕上がっていました。
ごはん

「小江戸旅弁当」は、栃木県の巴波川周辺で振舞われている“とちぎ江戸料理”が詰められた駅弁です。

“小江戸とちぎ”と呼ばれる、栃木県栃木市の巴波川(うずまがわ)周辺で、振舞われている「とちぎ江戸料理」を詰合せた駅弁。栃木市が、“食”でも小江戸を楽しんでもらおうと、創り上げたのが「とちぎ江戸料理」です。江戸時代の郷土、伝統料理を見直し再現しています。
スポンサーリンク