スポンサーリンク
おやつ・お土産

カバヤ「さくさくぱんだ」は70種類の表情があるチョコビスケット。そのパンダと社名に込められた思いとは?

「さくさくぱんだ」は、1996年(平成8年)発売の、チョコレートとビスケットを組み合わせたお菓子。作っているのは大平洋戦争終戦翌年、1946年(昭和21年)創業のカバヤ食品株式会社です。スタンダードなチョコと、抹茶を買ってみました。パンダと社名に込められた思いとは。
ごはん

霧島山麓「育ちの卵」は、ねっとり濃厚なコク深い玉子。こだわり抜いた卵です。

霧島山麓「育ちの卵」は、宮崎県えびの市にある東康夫氏が営む養鶏場の卵です。生産者の東康夫氏が「康卵」と呼ぶこの卵。人が口にして食べるもの。『カラダに取り入れても本当に安全だ。』と自信を持って言える卵を、責任感と使命感を持って生産しているそうです。
ごはん

銀鮭のホイル焼きを作ろう。美味しく楽しい、絶品の一皿が誰にでも。

銀鮭のホイル焼きを作ります。ホイル焼きは、材料を全部アルミホイルで包んで、焼いて仕上げる簡単料理。簡単なのに、誰が作っても、包んだ素材の味を100%活かした美味しい一皿になります。しかも、アルミホイルを開ける楽しみは、食べる前のちょっとしたイベントにもなりますね。
おやつ・お土産

かわいい「キィニョン(Quignon)」の上質なスコーンとパン。その優しさと美味しさは素敵です。

てづくりパンとスコーンのお店、ラ・ブランジュリ「キィニョン(Quignon)」は、スコーンが一推しの、東京国分寺に本店のあるパン屋さんです。とにかく、その品のある可愛らしさとセンス、美味しさには感心しています。上野駅の駅ナカ「エキュート上野」にもお店があるので、スコーンとパンを買って帰ります。
雑記ノート

大友克洋氏の「大砲の街」に気付く。令和の始まりは、そんな世界をリセットすべき時を告げているのかも。

「大砲の街」は、1995年12月23日(平成7年)に公開された、大友克洋の作品「MEMORIES(メモリーズ)」という3作の短編アニメを収めたオムニバスの内の一つです。わずか20分足らずの短編ですが、そのストーリーに込められた意味には深いものを感じます。
ごはん

熊本の「ソフトスパゲティ」は、レトロなパッケージのノスタルジック・スパゲティ。優しい味わいです。

「ソフトスパゲティ」は、熊本県南部の芦北町で、1947年(昭和22年)に創業した宮本産業が作っている、レトロなパッケージデザインが目を惹く、ソフト麺です。トマトルー付きと書かれている、いわゆるナポリタンと、甘辛カレー味の2種類を作ってみます。
ごはん

御茶ノ水の「やまだ(山田屋)」の街中華。80年以上の歴史ある、推しのラーメンと餃子は食べておきます。

中華料理「やまだ」は、JR御茶ノ水駅の聖橋口を出て、御茶の水仲通りに入ってすぐ右手にある、昔からある街の中華屋です。のれんに平仮名で「やまだ」と書かれていますが、正式な店名は「山田屋」です。お昼の1時を過ぎても、次々とお客さんが入っては出て行く人気店です。
スポンサーリンク