スポンサーリンク
ごはん

誰にでもある「日清カップヌードル」の思い出。例えば夏のプールサイドとか?そんなことを回想しながら味わいます。

「日清カップヌードル」の発売は1971年(昭和46年)。日清食品の創業者である安藤百福氏が開発した大ヒット商品です。いまでは世界中の人々が食べている超メジャーなカップ麺。この商品名には何だか特別な響きがあります。いくつかの強いイメージや、エモーショナルな当時のCMなどが織りなして脳裏に残っているからだと思います。
雑記ノート

アイリスオーヤマJGT230は充電式コードレス・グラストリマー。暑い夏の草刈りも超快適です!

アイリスオーヤマJGT230は充電式コードレス草刈り機。約1時間で充電出来るリチウムイオンバッテリーで約50分間、稼働します。軽量な本体からは想像出来ないほどパワフルに、2枚のナイロンブレードが雑草を軽々と刈っていきます。これで暑い夏の草刈りから解放されます。
ごはん

じっくりコトコト「冷製コーンポタージュ」と「冷製栗かぼちゃのポタージュ」は、暑い日にぴったりの美味しさです。

じっくりコトコト「冷製コーンポタージュ」と「冷製栗かぼちゃのポタージュ」は、その名の通り“冷製”の缶入りポタージュスープです。缶入りスープと言えば、冬場の自販機の定番と思いきや、暑い夏の日でも美味しく飲める冷たいスープの登場です。暑い季節を乗り切るのに、美味しく楽しく活躍してくれそうです。
雑記ノート

ニューノーマル(新しい日常)の世界が、サラリーマンの働き方を急速に変えていきます。

企業に務める多くのサラリーマンにとっては遠く現実味の無い「働き方改革」の一つのプランだった在宅勤務やテレワーク。新型コロナウイスルへの対応という目的で、急激かつ強制的に始められたこれを、再び過去の日常に戻すのは非常にもったいないことです。『新たな日常(ニューノーマル)』に昇華させていくことが重要だと思います。
おやつ・お土産

1924年(大正13年)発売の南国特産「ボンタンアメ」は、KIOSKにいつもあった思い出があります。

南国特産「ボンタンアメ」は、セイカ食品が1924年(大正13年)に発売した求肥(ぎゅうひ)のお菓子です。駅のホームのKIOSK(キオスク)には、いつも置いてあった記憶があります。紺色の背景に丸々とした“ボンタン”、“南国特産”と大きく書いてあるレトロなパッケージデザインは、今でもひときわ人目を引くものです。
雑記ノート

検索シグナルに導入されるCore Web Vitals(コアウェブバイタル)って何?Googleが示す3つの指標を理解しよう。

Googleは検索エンジンの掲載順位を調整する際に使用される、既存のランキングシグナルに、Webページの「全体的なエクスペリエンス」を加えることにしました。その指標となるのがCore Web Vitals(コアウェブバイタル)です。その3つの指標、読み込み時間、インタラクティブ性・応答性、コンテンツ読み込み時のレイアウトの安定性について、内容を見てみましょう。
おやつ・お土産

湖池屋スコーン「ローストシュリンプ&ガーリック」は、海老やガーリックを一度「焙煎」するこだわり製法。旨味もパンチも強めに効いてます。

1987年(昭和62年)発売の湖池屋スコーンには、いま「KOIKEYA CRAFTスコーン」というシリーズがあります。この「ローストシュリンプ&ガーリック」はその一つ。昔の湖池屋スコーンのイメージとは違って、パッケージやフレーバーもコダワリ感ある商品になっています。ザクッと食感に、海老やガーリックの香ばしさや旨味がしっかり感じられます。
スポンサーリンク