明星「中華三昧 広東風醤油」は中華麺王道の味。“赤坂璃宮”監修でXO醤とオイスターソースの旨味が引き立つ仕上がりです。

ごはん

明星「中華三昧 広東風醤油」は、あの赤坂璃宮”が監修したXO醤とオイスターソースの旨味が引き立つ広東風醤油麺です。中華三昧シリーズのメインとされるこの商品。コシと弾力ある上出来のノンフライ麺も相まって、正に中華麺王道の仕上がりです。

明星「中華三昧」の発売は1981年(昭和56年)。インスタント袋麺の高級路線の火付け役として、その名が記憶に刻まれている世代も多い、広東・北京・四川をテーマにした名作です。日本のラーメンが美味しいのはもちろんですが、それとは違う“中華麺”の味わいを家庭で味わえるということで、爆発的ヒット商品となったのです。

進化を続ける中華三昧は、中華の名店の監修によってさらに本格的な道を歩み始めます。この「広東風醤油」も広東料理の代表とも称される赤坂璃宮よる監修によって登場しています。さっそく作ってみます。

作り方は、昨今の袋麺と大体同じ。沸騰させた500ccの熱湯にノンフライ麺を入れて約4分間茹でて、あらかじめ液体・粉末スープを入れたラーメン鉢に茹で汁を先に注ぎ、麺を入れて軽くかき混ぜればもう完成です。

この「広東風醤油」をラーメンではなく、より中華麺らしく味わうためにちょっとトッピングにこだわってみましょう。チャーシューではなく豚角煮、長ネギは輪切りでなく白髪ねぎに、茹でたほうれん草を。他にも旨味重視の広東の青椒肉絲などもトッピングに最適な気がします。

XO醤とオイスターソースを使ったスープの味わいは、コシのあるこのノンフライ麺、トッピングと相まって、ザ・中華麺の味わいです。そんな中華麺をお家で味わうのには、“中華三昧”は正に王道と言えるでしょう。

★明星「中華三昧 」

Amazon.co.jp : 中華三昧