具の9割牛タン「仙台ラー油」は、仙台の牛タン専門店「陣中(じんちゅう)」の人気No.1商品。これはもう旨辛絶品おかずです。

ごはん

具の9割牛タン「仙台ラー油」は、宮城県仙台市で牛タン製品を専門に製造・販売している、牛タン専門店「陣中(じんちゅう)」の人気ナンバー1商品です。

仙台の美味しい食べ物といえば、づんだ餅、笹かまぼこ、などありますが、中でも炭焼きされた「牛たん」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

全国的に有名な仙台の“牛たん定食”は、戦後に進駐したGHQが大量に消費する牛肉のタンとテールを有効に使うために、山形県出身の佐野啓四郎氏が仙台中心部に開いた「太助」という店で、1950年(昭和25年)に初めてメニューとして出したそうです。

スポンサーリンク

戦後当時の食糧事情も影響したという、炭火で焼く牛たん、テールスープ、麦飯、浅漬け、青唐辛子の味噌漬けである“みそ南蛮”(山形県の料理)などで脇を固めた定食スタイルが、いまでもスタンダードです。

そんな仙台“牛たん”ですが、この「仙台ラー油」は、まったく新しい牛たん料理としての実力を魅せてくれます。まず『具の9割牛タン』と書かれている通りで、フタを開けれると、ラー油というだけあって辛そうな赤いごま油の下に、小さい角切りの牛たんが、ゴロゴロたくさん沈んでいることがわかります。

スプーンで軽くかき混ぜながらすくうと、もう美味しい匂いを周りに振りまきます。大鍋でじっくり煮込まれた牛たんラー油の原材料は、砂糖、醤油、赤唐辛子、生姜、にんにく、たまねぎ、牛タンエキス、椎茸エキス、昆布、オイスターソース、味噌、胡麻、ごま油など。

まずは絶対に、最初に食べる方法は、ご飯しかないことは誰の目にも明らかです。期待通り、柔らかく煮込まれた牛たんは、どう考えても美味しそうな調味料と一体化して絶妙な、甘み・旨味・辛味を作り出しています。これは、おかずです。

スプーン一杯で、ご飯一膳は難なくペロリと食べられます。この食べ方以外にも、Webサイトには、チャ-ハン、麺類、冷奴…などにも調味料として楽しめることが書かれています。

2018年9月22日(土)日本テレビ系列「嵐にしやがれ」などのテレビでも紹介されていますが、確かに、具の9割牛タン「仙台ラー油」は、凄いアレンジメニューが作れそうな“強烈なチカラ”をうちに秘めたラー油であることには間違いないようです。

●牛タン専門店「陣中(じんちゅう)」

牛タン専門店 陣中
仙台の牛タン専門店 お土産にも