セブン「一膳ごはん 銀鮭とかつおめし」は小さいのに、おかず沢山で嬉しい驚きがあります。

ごはん

セブン「一膳ごはん 銀鮭とかつおめし」税込345円(2021年11月時点)は、ちょうどお茶碗一杯分ぐらいのご飯におかずを乗せて、小さい正方形のパッケージに詰めたお弁当です。小さいのに開けてみたら、おかずが沢山で嬉しい驚きがあります。


最近は、コンビニでもスーパーでもお弁当や惣菜の量に関して、随分と進化してきて嬉しいです。「一つの品物にそんなに量はいらない。」簡単に言うとそういうニーズってありますよね?今日は少しだけ食べたいとか、他の食べ物も組み合わせて楽しみたいとか…。フードロス問題にも効果がありそうで、とてもいいと思います。

このシリーズは正にそんなお弁当です。これだけでもいいし、サラダや他のちょっとした惣菜なんかを組み合わせても、全体でちょうど良い量のご飯が楽しめそうです。開けてみると、一瞬「おっ!」となります。意外とおかずが沢山入っているんです。

スポンサーリンク


小さい銀鮭が入っているのはもちろんです。いい量です。かつお節ごはんとも相性良く美味しいです。


唐揚げ!嬉しいですね。作った時は外をサクッと揚げたタイプです。


玉子焼きも銀鮭の下に、ちょっと隠れて入っています。


そして竹輪の磯辺揚げも。銀鮭以外のおかずの中では割と大ぶりになっているところがまた嬉しい。消費者心理が良く分かっている感じです。


で、隅の方にかつお節の密度が高い部分と、きんぴらごぼう少々が添えてあります。良いでしょう?

セブンには小さいカップ入りの色んな種類のサラダや、色々な惣菜、デザートなども置いてありますから、他に組み合わせて楽しんでもまだお腹に余裕はありそうです。