レトルト

スポンサーリンク
ごはん

鳴門千鳥本舗の「たこ飯の素」で「たこ飯丼」を作ります。焼き鳥と煮玉子のメインおかずに薬味も万全。

鳴門千鳥本舗「たこめし炊込みご飯の素」で炊いた「たこ飯」を、駅弁や仕出し弁当などをイメージしながら丼物にしていただきます。焼き鳥、煮玉子を乗せ、そこに、紅生姜、万能ねぎの小口切り、刻み海苔、炒り胡麻を、お好みでパラパラと。たこの旨味と香り、味もしっかりした「たこ飯」は、焼き鳥や煮玉子、他の薬味も手伝って旨い「たこ飯丼」になりました。
ごはん

「ボンカレー」は1968年(昭和43年)発売の世界初のレトルト市販食品。懐かし50周年パッケージでいただきます。

誰もが昔から知っているボンカレーは、大塚食品が1968年(昭和43年)に発売し始めた、世界で初めてのレトルト市販食品のカレーです。2018年、50周年を迎えた、フランス語で“美味しい”を意味する“ボン”を商品名にした、レトルトカレー。懐かしい松山容子さんの50周年パッケージでいただきます。
ごはん

ヤチオ「よこすか海軍カレー」にみる日本のカレーライスのルーツ。それは明治41年発行の「海軍割烹術参考書」にありました。

「よこすか海軍カレー」は「カレーの街よこすか推進委員会」が推進する地域活性化の核となるメニューです。街のあちこちのお店で供されるのはもちろん、お土産にもなる何種類ものレトルトカレーとして販売されています。それは1908年(明治41年)発行の「海軍割烹術参考書」にある軍隊食だった“カレイライス”のレシピを現代流に復元したものです。
ごはん

「チャンピオンカレー」は金沢カレーの源流。レトルトでその味わいを存分に楽しみます♫

“金沢カレー”の源流とも言える「チャンピオンカレー」。そのお店の味はまだ食べたことがないのですが、あの“チャンカレ”と呼ばれるチャンピオンカレーのレトルトを見つけました。金沢カレーの中でも、より優しい味わい。ピリッと程よくスパイシーなところが、絶妙なアクセントになってクセになる・飽きない美味しさです。
ごはん

「ゴーゴーカレー」のレトルトカレーはお店の味を完璧に再現していました。おウチでGoGo !

ゴーゴーカレーと言えば、金沢地域で愛されているカレーを「金沢カレー」として、全国に知らしめたと言っても過言ではないカレーのチェーン店です。お店のカレーは幾度となく食べてきましたが、たまたまスーパーで「ゴーゴーカレー」のレトルトが売られていたので、買って食べてみることにしました。果たしてお店の味と同じと感じられるでしょうか?
スポンサーリンク