お菓子

スポンサーリンク
おやつ・お土産

野村の「ミレービスケット」は、香ばしい油で揚げたビスケット。揚げ油にもキャラにもこだわりを感じます。

高知県で1923年(大正12年)に創業した野村煎豆加工店で、1955年(昭和30年)ごろから作り始められた「ミレービスケット」。それは香ばしくて硬めの食感と、塩味と甘味のバランスが絶妙な、油で揚げたビスケットです。豆を揚げた油を使って作られているのが美味しさの秘密です。
おやつ・お土産

明治「ミルクチョコレート ビッグ」は、重さ400gの大きな板チョコ。ひとかけらもデカいです。

明治「ミルクチョコレート ビッグ」は、あの誰もが知っている板チョコのどデカいバージョンです。通常の「ミルクチョコレート」1枚が50gに対して、このビッグはなんと400gもあります。箱の中身には普通サイズの板チョコが8枚入っているのでは?と思いきや…。大きな1枚の板チョコが入っているのでした。
おやつ・お土産

遠い夏のホタテ味の記憶。1973年(昭和48年)発売のグリコ「コメッコ」はさらに美味しくなっていました。

江崎グリコ「コメッコ」は、お握りみたいな小さい三角形のカタチをしたスナック。1973年(昭和48年)に発売されたそれは、お米を薄い生地にして焼き上げた香ばしいホタテ味のライススナック。一時販売休止の危機にありましたが、ファンの復活希望の声を受け、2012年(平成24年)にリニューアルし再度販売を開始するのでした。
おやつ・お土産

明治「ヤンヤンつけボー」は楽しさが色々詰まった、1979年(昭和54年)発売のお菓子です。

明治「ヤンヤンつけボー」は、1979年(昭和54年)発売のシンガポール原産のお菓子。カップに入っている長いクラッカーにチョコディップと砂糖粒のカラフルトッピングを付けて食べる楽しさは、大人でも思わず笑みがこぼれます。それだけ良く出来た商品だから今でも世界中で"Yan Yan"の名で販売されています。
おやつ・お土産

明治「アポロ」は1969年発売のイチゴのチョコ。その形は月面着陸に成功したアポロ11号の司令船です。

明治の「アポロ」はミルクチョコとストロベリーチョコが2層になった、1969年(昭和44年)発売の懐かしい昭和のお菓子。表面がギザギザの円錐形になっているその小さいチョコレートは発売の年に月面着陸に成功した、アポロ11号の司令船を模したものです。
おやつ・お土産

「ポリッピーチョコ」は、ピーナッツチョコとして飛び抜けた美味しさ。さすが豆菓子の“でん六”です。

ピーナッツチョコは数あれど、この「ポリッピーチョコ」の突出した美味しさは豆菓子の“でん六”が作ったからと言ってもいいでしょう。マイルドなチョコでコーティングされたピーナッツは、外側に薄いスナックをまとっていて、香ばしくサクッサクの軽い食感です。サクサク、ポリポリどこまでも無限に食べ進められそうな気がしてきます。
おやつ・お土産

毎年楽しみなチロルチョコ「クリスマスカップ」の2019年は〈冬ちろる〉と〈ホワイトビス〉が限定です。

チロルチョコが季節ごとに出す、楽しみなアソートカップのクリスマスバージョン。2019年は〈冬ちろる〉と〈ホワイトビス〉の2種類が限定で、定番の4種を加えた計6種、40個が入っています。それぞれ相変わらず可愛らしいデザインでクリスマスを盛り上げます。
スポンサーリンク