お菓子

スポンサーリンク
おやつ・お土産

三立製菓「ミニかにぱんチョコ」は、チョコがけしたミニサイズの「かにぱん」。秋冬限定の可愛い菓子パンです。

浜松の三立製菓「ミニかにぱんチョコ」は、チョコがけしたミニサイズの「かにぱん」が3つ入った、秋冬限定の菓子パンです。もともとの「かにぱん」の発売は1974年(昭和49年)。その源流は、カンパンの技術を生かして作られ、通常のパンより遥かに日持ちが良かったことからヒットした「サンリツパン」でした。
おやつ・お土産

チロルチョコの「ハロウィンカップ」は秋の風物詩。毎年のデザインやフレーバーが気になります。

カップの中にはハロウィン限定のチロルチョコが沢山。10月31日のハロウィンにはまだ1ヶ月以上ありますが、そんなことは御構い無しに、コンビニで見かけて即買いです。2019年は、ブラッドストロベリー×5、ホワイト&クッキー×5、ビス(ビスケット)×8、パンプキンビス×9、コーヒーヌガー8、ミルク×5の6種類40個です。
おやつ・お土産

「をかし楽市」は、小さく可愛い米袋に入った“あられ”を作っているお菓子屋さん。誰かにあげたくなる魅力を放っています。

「をかし楽市」は、小さく可愛い米袋に入った“あられ”や豆菓子を作っているお菓子屋さんです。この大きさと、袋に印刷されたイラスト、デザインがまた可愛らしいのです。カエルのキャラクターに“あられ”だけに「感謝感激、雨あられ」と。南千住の都電荒川線「三ノ輪橋停留所」に隣接するジョイフル三ノ輪という商店街に、お店を構えています。
おやつ・お土産

カルビー「かっぱえびせん匠海(たくみ)」は海老の風味も旨さもプレミアム。海人の藻塩が美味しさの決め手です。

カルビー「かっぱえびせん匠海(たくみ)」は、2006年に登場した、瀬戸内海産100%の天然海老と海人(あまびと)の藻塩を使った“こだわり”の「かっぱえびせん」です。ファンも思わず唸るプレミアムで上質な美味しさです。
おやつ・お土産

お家で小倉トーストが楽しめる「コメダ特製 小倉あん」。バターも“あんこ”もたっぷり乗せるのが美味しいです。

あの「コメダ珈琲店」の小倉トーストの味を、お家で楽しめる「コメダ特製 小倉あん」。北海道産小豆を100%使用していて、量もたっぷりと300g入っています。まったりとしてコクがあり、一体感のある美味しい“小倉あん”に仕上がっています。バターも“あんこ”もたっぷり乗せた「小倉トースト」にして食べるのがおすすめ。
おやつ・お土産

サロン・ド・テ「アンジェリーナ」のモンブランは、濃厚なマロンクリームと、生クリーム、メレンゲが織りなす絶品の美味しさです。

アンジェリーナ(ANGELINA)は、ルネ・ランペルマイエ氏が、パリのリヴォリ通りで、1903年に創業した老舗のサロン・ド・テ。彼の妻の名である“アンジェリーナ”を冠したこの店で、創業当時から変わらないレシピで作られてきたモンブランは、濃厚なマロンクリームと、生クリーム、メレンゲが織りなす絶品の美味しさで、愛され続けています。
おやつ・お土産

名古屋ご当地グルメ「たません」をフライパンで簡単に作ります。“エビせん”もしっかり焼くのがポイント!

「たません(玉せん)」は、名古屋市周辺のお祭りの屋台や、駄菓子屋などで食べられている、地元で愛されている、ご当地グルメです。この“たません”を、買ってきた海老せんべいを使って、フライパンで簡単に作ります。このレシピでは、“エビせん”もしっかり焼くので、美味しさも格別です。さっそく作ってみましょう。
スポンサーリンク