おやつ・お土産

スポンサーリンク
おやつ・お土産

秋葉原名物、こてんぐ「おでん缶」は、よく出来た美味しい缶詰。今では非常食・保存食としても脚光を浴びています。

こてんぐ「おでん缶」は、秋葉原の「チチブデンキ(チチブ電機株式会社)」が、1990年代に自動販売機で販売を始めた“おでんの缶詰”です。秋葉原名物として名前を世に知らしめ、今では非常食や保存食としても脚光を浴びています。このよく出来た美味しい缶詰は、創業1923年(大正12年)の“天狗缶詰株式会社”が作っています。
おやつ・お土産

“気仙沼産”ふかひれ使用「ふかひれスープ」は、JR東日本「acure(アキュア)」の自販機で販売されています。

“気仙沼産”ふかひれ使用「ふかひれスープ」は、JR東日本の駅に沢山ある自動販売機ブランド「acure(アキュア)」と永谷園が共同開発し、2018年10月に発売した新商品です。和・洋・中とある中で、中華が少ないことに着目したスープ缶。寒い日、駅のホームでこれを飲んだら、白い息と一緒に「あぁ〜」と声がもれそうです。
おやつ・お土産

「金沢かれいぱん」はスティックタイプのコーヒーに合う冷凍カレーパン。もちっりパン生地、甘めのカレーが美味しいです。

小さなスティックタイプの冷凍カレーパン「金沢かれいぱん」は、金沢カレーのお膝元、石川県金沢市にある「ワールドコーヒー商会」が製造・販売しています。社名の通り、創業はコーヒーを取り扱う会社。「コーヒーにも合うカレーパンを。」ということで開発されました。油で揚げず、スティック状で口が汚れにくいのも人気の秘密です。
おやつ・お土産

カルビー「miino(ミーノ)そら豆 しお味」は、素揚げそら豆の美味しいスナック菓子。サクサクっと軽い食感です。

「カルビーmiino(ミーノ)そら豆 しお味」は、そら豆をまるごと素揚げした塩味の、シンプルなスナック菓子。小ぶりなそら豆は、程よい塩加減で、サクサクっと軽い食感。期待を裏切らない美味しさです。糖質は7.2gと低めで、糖質を気にする人にも美味しく楽しめて、おつまみとしてもかなり魅力的です。
おやつ・お土産

江戸時代に創業した亀戸天神「船橋屋」のモチモチの“くず餅”。きな粉と黒蜜をたっぷりかけて。

亀戸天神の参道にある「船橋屋」は、江戸時代の1805年(文化2年)創業以来、200年以上も“くず餅”にこだわり、作り続けている和菓子屋さんです。なんと450日間も乳酸菌発酵させた小麦澱粉を蒸しあげ、無添加で作られたそれは、わずか消費期限2日間という美味しい逸品です。
おやつ・お土産

マドレーヌ「一歩」は、可愛い肉球のカタチ。山梨県南アルプス市の“清月”が作る楽しいお菓子♫

山梨県南アルプス市に本店のある「清月(Saygets)」は、イタリアンロールや甲州レーズンなどが主力商品の、和洋菓子を作っている、創業1931年(昭和6年)のお菓子屋さん。そんな清月の可愛いマドレーヌ「一歩」は犬でしょうか?それとも猫かな?肉球の形をしています。プレーンと、お膝元の甲州らしい桃のマドレーヌの2種類を楽しみます。
おやつ・お土産

蔵出・焼き芋「かいつか」の紅天使を使った究極の厳選焼き芋。これは蜜たっぷりの最上級スイーツです。

蔵出・焼き芋「かいつか」は、1967年に創業した、茨城県霞ヶ浦市のさつま芋卸売問屋“ポテトかいつか”が、2012年に焼き芋専門店として立ち上げたお店です。この店の焼き芋は、究極の“焼き芋”ではないでしょうか?この丁寧な品物の扱いや、美味しさは、焼き芋の概念を覆すほどです。蜜が溢れてます。
スポンサーリンク