オハヨー乳業「昔なつかしアイスクリン」は、どこか懐かしいパッケージのとっても口溶けのよい美味しいアイスクリームです。

おやつ・お土産

口に含んだ瞬間に、綿雪のようにふわぉ〜っと溶けます。そのシャリッとした気持ちいい食感と口どけは、いつの日にか、乾いた喉を潤してくれたアイスクリームやかき氷なんかを思い出させます。


とても軽いジェラート、シャーベットのような感じでしょうか。それでいて、甘すぎず、しっかりミルクと卵のコクある味わいがあります。とても良くできたアイスクリームです。


この「昔なつかしアイスクリン」を作っているのは、1953年(昭和28年)に岡山県岡山市で創業したOHAYO(オハヨー乳業株式会社)です。1963年(昭和38年)にはアイスクリームの製造を始め、いまでは牛乳やヨーグルト、アイスクリーム、プリンなどを作るメーカーとして、その名前を知っている人も多いはず。

スポンサーリンク


「昔なつかしアイスクリン」は、口溶けの良い食感、ミルクと卵の味わい、乳化剤や安定剤を使用していない手作りのようなやさしさ。この3つにこだわって作られているそうでうが、そのとおりの美味しさです。これを食べると確かに“昔懐かしい”夏を想い出してしまいます。

コーヒーとミルクのハーモニー♫オハヨー乳業「ドトール カフェ・オ・レ アイスバー」は程よい苦味のコーヒーソースが美味しいです。
「ドトール カフェ・オ・レ アイスバー」は、オハヨー乳業とあのコーヒー専門店「ドトールコーヒー」が共同開発したアイスバー。ミルクアイスとこだわりコーヒーソースの大人のハーモニーが楽しめます。コーヒーソースは、深煎り豆をエスプレッソ抽出して作られた程よい苦味のコーヒーソースをマーブル状にアイスに絡ませてあります。