スマートフォンで、素敵なワンちゃん(犬)の写真を撮る【5つの基本ポイント】上手に撮れたら皆んなに見せちゃおう!

ワンちゃん

スマホで愛犬の日々の姿を撮ってTwitterやInstagramに投稿して楽しんでる方も多いと思います。でも、誰かの撮った素敵な写真を見て「いいなぁ〜」って思いながらも、一眼レフカメラやコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)持ってないし〜、このぐらいの写真で仕方ないかなぁ。でも『素敵な写真』が撮りたい…。って思ってる方も多いんじゃないでしょうか。

結論から言うと、
スマートフォンだけでも
素敵な写真は撮れます!

最近のスマホのカメラは高性能で、誰にでも綺麗な写真を撮ることが出来ます。さらに多彩なフィルターや、アプリを使ってカッコいい演出を加えることもスマホだけで出来てしまいますよね?

そんなスマホです。あと必要なのは “写真について、ほんの少しの基本的なこと” を考えて撮影するだけです。見違える様な、素敵なワンちゃん写真が撮れるようになりますよ!そのほんの少しの【5つの基本ポイント】を、今からお教えします。

 

その1》光のこと


写真を撮るのに光や明るさのことは、必ず考える癖をつけましょう。最強なのは外光(太陽の光)です。それもハレ。これに勝るものはありません。まずは太陽とワンちゃんとカメラの位置を確認して決めましょう。ワンちゃんの正面か斜め前から光が当たる位置(順光)で撮影します。曇り空ならなおさら順光になるような位置にしましょう。

 

その2》カメラの高さ


ワンちゃんを撮影する時、皆さんが考えてるカメラの高さは普通に立った状態か、しゃがむ程度ですよね。より可愛くカッコよく見えるように撮影するためには、カメラはワンちゃんの目線と同じぐらいか、いやいや、もっと下から撮影します。どれぐらいかと言うと、スマホを持つ手が地面に触れるぐらい。それとカメラの上下の角度にも気を配ります。空に向ければ向けるほど凛々しく写りますよ。


その3》背景


ワンちゃんがハッキリする背景を選びます。ヌケのよい(ゴチャゴチャしてない)シンプルな背景を選びます。基本的にスマホのカメラは、ずーっと奥までピントが合ってしまうので「ヌケの良さ」を気にすることはとても大事です。空、緑、壁…。撮影するワンちゃんの背景は今どんな状況か気にしましょう。愛犬と背景で一枚の絵です。

 

その4》活き活き


「はい、チーズ!」で撮影するのはもちろんですが、たまには大アクビしたり、ニッコリ笑ったり、走ったりした活き活き写真もイイですよね。そういう時は、ちょこまかと動くワンちゃんに声を掛けながら、沢山シャッターを切ってください。1枚残すために10枚はバシャバシャと撮る感覚で撮影しましょう。iPhoneならボタンを長押しして高速連写出来るバーストモードを使うのも手です。

 

その5》ワンちゃんと皆んなの安全
撮影に夢中になる前に、周りを良く確認してください。他のワンちゃん、クルマ、自転車、人…。特別に安全な場所じゃなければノーリードもいけませんよ。しっかりとリードは持ってね。ワンちゃんは大切な家族です。タイミングがよくない時もありますが焦ってはいけません。良い機会はまたあるさ、ぐらいの感覚で。

 

5つの基本をキチンと考えて撮影を重ねていけば、見違えるように素敵な写真が撮れるようになります。ここからはアレンジメニュー。色々と工夫していくと写真はもっと楽しくなってきますよ。

可愛くファニーに撮りたい
ワンちゃんの真上ぐらいから撮影したり、鼻に寄って撮ると、「凛々しく」から「可愛く」になります。ワンちゃんに声を掛けながらシャッターを切っていきましょう。

 

漆黒のモノクロ写真に仕上げたい
順光で晴天を背景に撮影した写真を用意します。iPhoneの場合ですがキレイな青に補正したら、フィルターのモノではなく「ノアール」を選択してみましょう。すると、静寂な漆黒の夜に撮影したような雰囲気の写真になります。

 

カラーで背景を真っ黒の写真に
条件が限定されますが、後でトリミングと補正することを前提に、黒い(暗い色)クルマのシートに乗ってる時に撮影します。それをトリミングして様子を確認しながら、暗部を暗く補正していきます。逆に明るい所は明るく補正します。

 

あえて逆光を活かしてみる
太陽がワンちゃんの向こうになる位置から撮影します。太陽が降り注ぐ昼、ムーディーな夕焼け。アルバムに何枚か加えたくなる写真を狙ってみましょう。

声をかけながらワンちゃんと一緒に撮影を楽しむのは、大切なコミュニケーションの一つにもなります。回を重ねるうちに彼らも何をしてるのか分かってくるのか、ポーズとってる?なんてことも。あなたの愛犬と、本当に楽しいひと時を過ごしましょう。