料理レシピ

スポンサーリンク
ごはん

セブンイレブン「豚角煮」で魯肉飯(ルーローハン)を作ろう!簡単調理で絶品の旨さです。

レンジアップでトロットロの美味しい角煮が味わえるセブンイレブン「豚角煮」を使って、簡単に魯肉飯(ルーローハン)を作ります。この角煮には中華特有のスパイス“八角”は入っていませんが、とにかく驚くほど美味しい魯肉飯が出来上がるんです。
ごはん

クノールカップスープ「トマトのポタージュ」で作るハムとしめじのトマトマスタ。1人前で完熟トマトまるごと3個分の濃厚な美味しさです。

スープとして飲んでもとても美味しいクノールカップスープ「トマトのポタージュ」でハムとしめじのトマトマスタを作ります。1箱に3袋入ってるこのトマトのポタージュの粉末1袋には完熟トマトまるごと1個分が溶け込んでいます。これを、パスタ1人前100gに全量使って、完熟トマトまるごと3個分の、まるでお店で出されるような濃厚な美味しさのパスタに仕上げます。
ごはん

甘辛い里芋煮を炊飯器とエバラ「すき焼のたれ」で作ります。ホクホクでトロッと染み旨です!

土のついたゴロゴロとした大きめの里芋。上手に炊いて甘辛い里芋煮にすると、ホクホクでトロッと美味しいです。これを失敗無しで炊飯器とエバラ「すき焼のたれ」で作りましょう。皮を剥くのがちょっとだけ面倒ですが、そこからは超簡単に調理が済んでしまいますよ。
ごはん

「さんま蒲焼」缶詰でフライを作ろう!衣はサクサク、さんまの旨さも引き立ちます。

缶を開ければ、甘辛く煮付けられたサンマがそのまま食べられる「さんま蒲焼」缶詰。サバ缶やイワシ缶と並んで、皆の家にも1つや2つは常備されているような、なじみの深い缶詰ですね。そのままお酒のおつまみにもなるし、ご飯のおかずにもなるので重宝します。アレンジメニューも沢山ありますが、実はこれフライにすると思いがけず立派なメニューになるんです。
ごはん

旨辛甘ジューシー「ラー油の手羽中煮」。桃屋「辛そうで辛くない少し辛いラー油」で美味しく作ろう!

桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」で、旨辛甘ジューシーな「ラー油の手羽中煮」を作ります。こだわりのフライドガーリック(揚げにんにく)とフライドオニオンのパンチが効いた、程よい辛さの手羽中煮は後引く美味しさ。何本でも食べられそうです。
ごはん

桃屋「辛そうで辛くない少し辛いラー油」で、ゆで玉子と小松菜のラー油和えを作ってみよう!

桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」で、ゆで玉子と小松菜のラー油和えを作ります。こだわりのフライドガーリック(揚げにんにく)とフライドオニオンもしっかり具材となって、ゆで玉子や小松菜と一体となって美味しい和え物になります。“辛そうで辛くない”、でも“少し辛い”というフレーズにもあるとおり、丁度いい辛さです。
ごはん

カニ缶でカニのグラタンコロッケを作ろう!簡単ベシャメルソースなのにシッカリ美味しいです。

秋や冬になると食べたくなってくるグラタンやグラタンコロッケ、クリームコロッケ。カニ缶マルハニチロ「まるずわいがに」ほぐしみを使って“カニのグラコロ”を作りましょう。ポイントはベシャメルソース。牛乳、小麦粉、バター、コンソメキューブで誰にでも簡単に美味しく作れます。しかも失敗なしです。
スポンサーリンク