料理レシピ

スポンサーリンク
ごはん

マルちゃん正麺で作る「旨塩バターコーンラーメン」は、汗ばむ暑い日にピッタリの夏メニューです。

マルちゃん正麺は2011年(平成23年)に発売された、画期的な袋麺です。最大の特徴は茹で上げた“麺”が、まるで生麺のようなところ。スタンダードを極めた王道の液体スープも上出来な、その「旨塩味」を使ってバターコーンラーメンを作ります。食欲の落ちる汗ばむ暑い日にピッタリの夏メニューです。
ごはん

ニッスイ「貝柱ほぐし身」で、絶品シュウマイを作ってみよう!いつものシュウマイが格段に美味しくなります。

シュウマイは餃子やワンタンと並んで簡単なのに美味しいメニューの一つ。それを“貝柱のほぐし身”を加えていつもにも増して格段に美味しく作ってみましょう。このニッスイ「貝柱ほぐし身」に使われているのは、帆立よりも甘味が強く柔らかくいイタヤ貝の貝柱だというのもポイントです。
ごはん

ニッスイ「貝柱ほぐし身」缶詰の絶品炊き込み御飯。貝柱の甘味にメンマと焼豚が決め手です。

ニッスイ「貝柱ほぐし身」缶詰はイタヤ貝の貝柱のほぐし身の缶詰です。このイタヤ貝の貝柱は帆立よりも柔らかく甘味が強いのが特長です。これにメンマと焼豚を加えて美味しい炊き込みご飯を作ります。まるで何処かのお店のプロが作った炊き込み御飯のように、絶品に炊き上がりますよ。
ごはん

森永「クックゼラチン」で、鶏もも肉と枝豆のジュレを作ろう!暑い日にも嬉しいひんやり美味しいメニューです。

森永「クックゼラチン」を使って、鶏もも肉と枝豆の冷製ジュレを作ります。ちょっと食欲が落ちた暑い日や、夏のおつまみにも最高な美味しいひんやりメニューです。作るのは簡単なのに、身体にも良く、栄養価も高いのが嬉しいですね。ちょっとオシャレな感じなのも見逃せません。
ごはん

ニッスイ「焼きさけあらほぐし」で、鮭と青ネギのバター混ぜご飯を作るよ。隠し味のにんにくとラー油がポイント。

ニッスイ「焼きさけあらほぐし」は、大きめにほぐした焼き鮭の瓶詰(1瓶50g入)が2個パックになっています。この鮭のほぐし身と青ネギを使って美味しい混ぜ込みご飯を作ります。バター醤油、青ネギの風味、隠し味のにんにくとラー油がよく効いているのがポイント。おにぎりにも最適です。
ごはん

ホテイ「やきとり缶詰(たれ味)」の旨さは炭火焼きならでは。2019年にはJAXA「宇宙日本食」認証も取得しています。

ホテイ「やきとり缶詰(たれ味)」は、1970年(昭和45年)に世界で初めての焼き鳥缶詰として発売されました。2020年(令和2年)には誕生50周年を迎えているこの缶詰。“炭火焼き”にこだわったその旨さが人気で、年間約2,000万缶も販売されています。2019年(令和元年)には食肉缶詰としては国内初のJAXA「宇宙日本食」認証を取得しています。
ごはん

S&B「赤缶カレー粉」で、水を一滴も使わずチキンカレーを作ってみよう!スパイスが効いたフルーティな味わいです。

1950年(昭和25年)発売の、懐かしいS&B「赤缶カレー粉」は、缶を開けた途端に広がるスパイスの香りが心地いい。このカレー粉で水を一滴も使わないで簡単にチキンカレーを作ってみます。出来上がったスパイシーなカレーは、柔らかいチキンとフルーツの甘み・旨味も活きた優しい味わいです。
スポンサーリンク