カレー

ごはん

ヤチオ「よこすか海軍カレー」にみる日本のカレーライスのルーツ。それは明治41年発行の「海軍割烹術参考書」にありました。

「よこすか海軍カレー」は「カレーの街よこすか推進委員会」が推進する地域活性化の核となるメニューです。街のあちこちのお店で供されるのはもちろん、お土産にもなる何種類ものレトルトカレーとして販売されています。それは1908年(明治41年)発行の「海軍割烹術参考書」にある軍隊食だった“カレイライス”のレシピを現代流に復元したものです。
ごはん

【閉店】昭和21年創業「銀座ニューキャッスル」の個性派カレー“辛来飯(カライライス)”を駅のすぐ近く神田店で味わいます。

神田駅のガード下に「銀座ニューキャッスル」神田店はあります。このお店は、名物のカレー「辛来飯(カライライス)」を、もう50年以上、変わることないレシピで作り続けてきた昭和21年創業“銀座ニューキャッスル”の2号店です。一口頬張ると、まず際立つ個性を感じますが、理屈抜きに美味しいです。最初に甘味と旨味。その後から辛味が追いかけてきます。
ごはん

「チャンピオンカレー」は金沢カレーの源流。レトルトでその味わいを存分に楽しみます♫

“金沢カレー”の源流とも言える「チャンピオンカレー」。そのお店の味はまだ食べたことがないのですが、あの“チャンカレ”と呼ばれるチャンピオンカレーのレトルトを見つけました。金沢カレーの中でも、より優しい味わい。ピリッと程よくスパイシーなところが、絶妙なアクセントになってクセになる・飽きない美味しさです。
ごはん

「ゴーゴーカレー」のレトルトカレーはお店の味を完璧に再現していました。おウチでGoGo !

ゴーゴーカレーと言えば、金沢地域で愛されているカレーを「金沢カレー」として、全国に知らしめたと言っても過言ではないカレーのチェーン店です。お店のカレーは幾度となく食べてきましたが、たまたまスーパーで「ゴーゴーカレー」のレトルトが売られていたので、買って食べてみることにしました。果たしてお店の味と同じと感じられるでしょうか?
ごはん

【閉店】「そば新」御茶ノ水店は、改札すぐ脇の、旨い“立ち食いそば屋”。サッと食べられて、お財布にも優しいです。

JR御茶ノ水駅の聖橋口改札を出てすぐの場所にある「そば新」は、時間が無い時にサッと食べられて、お財布にも優しい、旨い立ち食い蕎麦屋です。券売機で“石臼挽き券”を買い足せば、茹で上げの石臼挽きの麺で食べられます。狭い店内の“立ち食い蕎麦”の体裁ですが、丸椅子が設けられていて座って食べられます。
ごはん

「ジャンカレー」末広町店のカツカレー。ちょっぴり酸味があって味わい深いカレーです。ご飯の量は「田舎のおばあちゃん」のおもてなし?

人気No.1のカツカレー。程よい厚みのカツは、注文を受けてから揚げているので熱々サクサクです。ベースは素材を良く煮込んで作られた味わい深いカレー。甘さもありますが、ほんのりと酸味のあるタイプで、さっぱり食べ進められます。ご飯の量がかなり多めなので、注文時には気をつけましょう。
ごはん

「カレーの市民アルバ」秋葉原本店のコク旨“ホームランカレー”は、お子様ランチのような嬉しい金沢カレーです。

「カレーの市民アルバ」で一度は食べてみたい人気ナンバー2の「ホームランカレー」。ステンレスの皿にキャベツの千切り、ご飯が見えないルーの掛け方、揚げたてサクサクのカツや海老フライ、目玉焼きにウインナー、先割れスプーン。まさしく金沢カレーの王道の容姿です。大量のタマネギ、野菜と牛肉を6時間以上煮込んで作られた、シチューがベースの味わい深いカレールーが絶品です。