カレー

スポンサーリンク
ごはん

カレーショップ「アルプス」は、東京駅に八重洲地下街がグランドオープンした1969年(昭和44年)からカレーを作ってます。

カレーショップ「アルプス」は、八重洲地下街が1969年(昭和44年)にグランドオープンした当時から営業を続けている老舗カレー店。小麦粉と3種類のスパイスを焙煎し、鶏がらスープで煮込んで自然な旨味・甘さを引き出しているクセになるカレーに、昔から行列が絶えません。500円前後で、カツカレー、ハンバーグ、メンチカツ、ベーコンエッグなどの魅力的なカレーが食べられます。
ごはん

日本橋室町一丁目の「牛スジ肉のカレー」500円1本のランチ。宮沢賢治の作品と同じ店名「ポラーノの広場」の逸品です。

「牛スジ肉のカレーライス」500円。これ1本のランチメニューです。ひと口目から美味いです。牛スジはわずかにある程度。おそらくは溶け込んでいるのでしょう。そういう濃厚さです。肉や野菜をドロドロ煮込んだ結果の甘さを感じます。かなりの旨さです。
ごはん

東京八重洲「築地 銀だこハイボール酒場」のランチ。カツカレーとタレカツ丼は、たこ焼きに負けず劣らず美味いです。

昼間はたこ焼きやランチを出してて、その2種類のランチメニューがなかなかのクオリティ。美味しいし安いから普段使いのランチ候補に入れておいていいかもしれません。
ごはん

天ぷらもカレーも秀逸「蕎麦一心たすけ 八重洲店」。旗の台の小野製麺が営む立ち食い蕎麦屋。

蕎麦はほぼ注文と同時に茹で上げ、水で締めて、大ザルで小分けします。温かい蕎麦は湯で温めた丼に、小分けした蕎麦を再びさっと湯通しし、ツユを注いで出されます。蕎麦もツユも美味しいです。加えて天ぷらも、カレーも秀逸でついつい何かのセットにしてしまいます。
スポンサーリンク