「フレンチクラッカー」は、チーズ味もサワークリーム&オニオン味もサックサク濃厚な味わい!コスパも良い癖になるスナックです。

おやつ・お土産

エヌエス・インターナショナルの「フレンチクラッカー」は、サックサクのクラッカーに濃厚な味付けを施したスナック。チーズ味とサワークリーム&オニオン味の2種類のフレーバーはどちらも美味しくて癖になります。


この「フレンチクラッカー」、僕がドラッグストアで買った時の店頭価格は90gで税込108円(2022年12月時点)。パッケージのデザインも今どきで、ジッパーまで付いているのに、何でこんなに安いの?と一瞬ハッとしました。※ダイソーでもこの価格で売られていますね。

ぼちぼち
ぼちぼち

ところでクラッカーとは?そもそも何?

いつも何気なく食べているのに、実はよく分かっていなかったりしますよね。僕もその一人です。はじめてクラッカーを作ったのは、1801年のこと、アメリカのマサチューセッツ州のジョシア・ベントというパン職人で、焼いている時の音から連想して「クラッカー」と名付けたんだそう。

ちょっと驚きなのは、このジョシア・ベント氏はその後、あの世界的に有名なクラッカー“リッツ”の「ナビスコ」に、クラッカーの商いを売却していたのです。

スポンサーリンク


サワークリーム&オニオン味は、あのお馴染みのフレーバーです。オニオンの風味も程よく、濃いめの味付けですが意外にサッパリと食べ進められます。もう一つのチーズ味は、食べ応えあるしっかりした味わいで、お酒との相性も良さそうです。

食感はサックサクの美味しいクラッカーそのもので、そこに濃厚な味付けを施してあります。確かに「ちょっと贅沢なオードブルスナック」というフレーズ通り、オードブルやおつまみにも最適な仕上がりです。


この「フレンチクラッカー」の美味しくもコスパが良い理由は、作っている会社にありました。作っている「エヌエス・インターナショナル」は、海外のお菓子をプライベート・ブランドとして輸入したり、海外メーカーとコラボ開発したお菓子を輸入している大阪の創業2002年(平成14年)の会社です。


「いいものを世界から」という言葉を掲げて、ナショナルブランドよりも、かなり低価格で販売できるよう取り組んでいるそうです。なるほど、確かに味や品質からしても低価格だと思います。

パッケージのジッパーは気が利いていて嬉しいですが、コレ、美味しいのでジッパーを使うまでもなく一気に食べ終わってしまう人も多そうです。

フレンチクラッカーサワークリーム 90g×12袋
エヌエス・インターナショナル
¥1,680 (¥140 / 袋)(2024/04/17 18:41時点)

[ 広告 ]

『ミラブルキッチン』
ウルトラファインバブル生成《キッチン水栓》

ウルトラファインバブルは、超微細気泡の油分への吸着作用が油汚れにも効果を発揮《強力洗浄》します。またそのミスト水流は、肌にやさしく毎日の炊事での手荒れに効果的です。
《限定特典、限定プラン多数》
どこよりも安い期間限定「平日ご優待プラン」が人気!圧倒的低料金でのプランが販売できるのは、通年で用意できるものではないから。