連翹(レンギョウ)の鮮やかで黄色い花は、英名「Golden bells(黄金の鈴)」。春本番を告げる生命力あふれる花です。

花や植物

「連翹(レンギョウ)」は中国原産の落葉性の低木。ちょうど暖かくなる日も多くなって春本番かという3月〜4月にかけて、鮮やかで黄色い4弁の花を、細い枝々に沢山咲かせます。英名では「Golden bells(黄金の鈴)」と呼ばれ、“春本番を告げる花”とされています。

春本番を告げるレンギョウの花言葉は「豊かな希望」「叶えられた希望」「喜び」「勝利」などで、とてもポジティブ。その密生する鮮やかな黄色の花もさることながら、枝先が地面に付けば、そこから新しい株を増やしていく強い繁殖力・生命力を持っているからでしょう。

日本へ渡ってきた時期は定かではありませんが、「出雲国風土記」などに「レンギョウ」の名が見られたり、薬用として平安時代に渡来したとか、栽培の記録があることから江戸時代前期であるなど、諸説あるようです。漢方薬では「連翹」は解熱、消炎、利尿、鎮痛などに用いられます。

密生している花はやがて新緑の葉に入れ替わり、いよいよ春本番を迎えます。まさにレンギョウは「Golden bells(黄金の鈴)」なのです。