簡単設定のAmazon「Fire TV Stick」を「SoftBank Air」のWi-Fiに接続して楽しんでみます。

雑記ノート

Amazon「Fire TV Stick(ファイヤー・ティービー・スティック)」はアマゾンが提供してる動画配信サービスを、テレビで観るためのコンパクトな接続デバイスのことです。

お家のテレビにHDMI端子があって、Wi-Fiがあれば簡単に設置できます。通常価格4,980円(2018年12月時点)と随分お手頃な価格ですが、これで、ドラマやアニメ、映画、音楽…など膨大な数のコンテンツを無料、レンタル・購入して見ることが出来ます。

また、Hulu、Netflix、YouTube、AbemaTV、DAZN、dTVなどの動画コンテンツを観たり、Firefox(ブラウザ)などで、普通にインターネットでSNSやWebサイトも見ることができます。

さらに、普段からAmazonを利用していて「プライム会員(月額400円)」になっている人は、そのまま追加料金無しで『プライムビデオ』「Prime Music」「プライムフォト」など『膨大』なコンテンツを楽しむことが出来ます。このためだけに「プライム会員」になっても良いのではないかと思うぐらいです。

届いた「Fire TV Stick」の箱です。小さい…。となりに置いたiPhone7 Plusと同じぐらいの大きさの箱に、必要なものが全部入っています。

箱の中には、(1)Fire TV Stick、(2)音声認識リモコン、(3)単4電池2個、(4)電源アダプタ、(5)USBケーブル、(6)HDMI延長ケーブル、それに簡単な(7)説明書が入っています。

さっそくセッティングしていきましょう。まずは(2)音声認識リモコンの裏蓋を、スライドさせて開け、(3)単4電池2個を入れます。

100円ライターほどの小さい(1)Fire TV Stickに電源を供給するために、(5)USBケーブルと(4)電源アダプタをつなぎます。これで、Fire TV StickをテレビのHDMI端子に挿して、コンセントに電源アダプタを挿せば準備完了です。

※テレビのHDMI端子の位置の関係で、挿しにくかったり、この後の作業でWi-Fiに接続しにくい場合は、(6)HDMI延長ケーブルを使ってHDMIコネクタを延長しましょう。

“テレビのリモコン”で「Fire TV Stick」の挿さっているHDMIを選択します。もうFire TV Stickが起動しているはずですので、まずは“Fire TV Stickのリモコン”の再生ボタンを押して、言語から「日本語」を選択します。

次に、Wi-Fiへの接続画面が出ますので、使用しているWi-Fi機器から選択して接続します。WPS対応のWi-Fi機器なら難しいことを考えることなく「WPSボタンを押して接続」で簡単に接続してしまいましょう。

我が家のWi-Fiは「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」ですが、裏にWPSボタンがあるので、それで接続します。

「WPSボタンを押して接続」を選ぶとFire TV Stickが、目的のWi-Fiを探し始めるので、Wi-Fi機器の「WPS」ボタンを『長押し』します。Fire TV Stickが「SoftBank Air」を探し出し、接続処理が完了するまでの数秒押しておいてあげましょう。

無事に接続が完了したら、すでに持っているAmazonアカウントを登録するか、持っていなければ、新規にアカウントを作成すれば、すべての作業は終わりです。

小さくてお手頃価格の「Fire TV Stick」ですが、Wi-Fi接続で、高画質の動画を何の問題もなく軽々再生してくれます。※使用するWi-Fiの速度に左右されます。なるべく高速なWi-Fiが必要です。

それから、コンテンツを検索するのに音声認識リモコンがとても便利です。音声認識は極めて良好で、膨大な数の中から一番スピーディに目的の動画を探し出せるはずです。試しに「寅さん」「銀河鉄道999」とか、「釣りバカ」など検索してみましたが、あります、あります。

あとはもう楽しむだけ。「プライムビデオ」で、映画やTVドラマを楽しむもよし、Hulu、Netflix、YouTube、AbemaTV、DAZN、dTVなどを観るもよしです。