ソントンの「パンにぬるホイップクリーム」粒ピーナッツはクリーミーで旨味たっぷり。最強ピーナッツバター・スプレッドです。

ごはん

ソントンの「パンにぬるホイップクリーム」粒ピーナッツは、ピーナッツバターのホイップクリームです。柔らかいのでトーストなどに塗った時にパンの表面がめくれてしまうこともなく、また水飴の多いタイプよりも自然な甘さのスプレッドです。強めの香ばしいピーナッツの風味と、粒ピーナッツの食感も楽しい逸品です。昔ながらのピーナッツバターファンも納得の美味しさです。

この美味しいピーナッツバターのホイップクリームを作っている「ソントン」。実は日本国内で初めてピーナッツバター、ピーナッツクリームを作った会社です。創業者の石川郁二郎氏が、キリスト教宣教師ジェッシー・B・ソーントン氏にピーナッツバターの作り方を教わり1942年(昭和17年)にピーナッツバターの製造を始めたのです。

ソーントン氏は当時、布教活動をしながら貧しい日本人の栄養状態を改善するためにピーナッツバターを作り、それを教会の維持費に充てていました。その活動を見て石川氏も「自分もこのような仕事をやってみたい。」と思ったのがきっかけだそうです。

パンに惜しむこと無く、たっぷり塗って食べるのがおすすめです。深煎りピーナッツバターが沢山入っているのと製法を工夫することで、こんなに香ばしく風味豊かな美味しくなっているんですね。甘さも自然なので、これを塗ったパンと、たまごやベーコンなどとも相性バッチリだと思います。

社名は石川氏が“ソントン先生”と呼んで敬愛した、そのソートン氏に了承を得たもので、1950年(昭和25年)から正式に社名として使われています。パッケージにあるピーナッツのキャラクターの名は、そう「トンちゃん」です。いまではソントンは家庭用から業務用までジャムやフィリングを沢山製造しています。

この最高の「パンにぬるホイップクリーム」、実は「粒ピーナッツ」以外にも●バナナ&チョコクッキー ●ピーナッツ ●きなこピーナッツ ●チョコ ●黒ごま ●ミルクと沢山の種類があります。他のも美味しそうですね。