「そば新」御茶ノ水店は、改札すぐ脇の、旨い“立ち食いそば屋”。サッと食べられて、お財布にも優しいです。

ごはん

JR御茶ノ水駅の聖橋口改札を出てすぐの場所に「そば新」御茶ノ水店はあります。雨が降っていても駅舎の屋根のおかげで傘もささずに入れる、改札脇と言ってもいい位置が入り口です。

入口の脇には、もりそば、天ぷらそば、鴨せいろなどをはじめ、スタンダードなメニューが掲げられています。「そば新」では、券売機で“石臼挽き券”を買い足せば、茹で上げの石臼挽きの麺で食べられます。

店内は、本来なら“立ち食い”が最適といえる狭さですが、どうにかカウンターに丸椅子を数席設けているので、“立ち食いそば”カテゴリーのお店ですが、座って食べることが出来ます。

液晶ディスプレイのタッチパネル式券売機で「ミニカレーセット」を選択します。左下に“石臼挽き券”がありますが、茹で上げに少々時間がかかるようなので、ここは立ち食いそばならではの、ゆで麺再加熱で良しとします。

ミニカレーセット

「ミニカレーセット」です。温かい蕎麦は、ネギ、揚げ玉、ワカメが入った「たぬきそば」。

つゆは壁にも掲げられていますが、本かつお枯節(薩摩)、宗田本枯節(土佐)、さば本枯節(尾久)、昆布(日高)の出汁で作られています。

スポンサーリンク

ご多分にもれず甘辛く、“立ち食いそばファン”も納得バランスの仕立てです。

麺は、汁にもよく合いコシもちょうど良いです。1960年(昭和35年)設立の「むらめん株式会社」が卸しています。ちなみに駅の反対側、御茶ノ水橋口の方にある「明神そば」も同じ製麺所の麺です。

ミニと謳いながらも、結構な量があるカレーライスも安定の美味しさです。どの立ち食いそば屋にも言えることですが、大体人気のある店は、何でもないようなカレーも蕎麦によく合うような味に仕立てています。

ある意味、大人気の「カレーセット」はセットものの王道ですから、目立たずとも美味しいのは大事なことですよね。

改札脇の「そば新」は、お茶の水「茗溪通り」のお店らしく狭くて小さい“立ち食いそば”。時間が無い時にサッと食べられて、お財布にも優しい、旨い蕎麦屋です。

そば新 御茶ノ水店
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4−5−1

御茶ノ水駅「御茶ノ水橋口改札」側にある立ち食いそば屋「明神そば」

御茶ノ水「明神そば」の「大エビ天そば」は、まるで立ち食いそば界の王様のよう。付添いチビカレーもおすすめ。
「明神そば」は純然たる立ち食いそば屋。ここで一度は食べておきたい「大エビ天そば」の大振りな海老天は、この値段なら充分立派で満足に値します。ゆで麺ですが丁度よいコシの麺に、上出来な濃くて甘いツユは“立ち食いそばファン”を魅了する美味しさです。可愛く小さいお茶碗に盛られた「チビカレー」もちょうど良い量で、あなどれない旨さです。