クールバンダナは暑い夏の日に、愛犬の熱中症リスクを減らします。それは水冷式のラジエター。

ワンちゃん

「今日はあっついぞ~。」っていう夏の暑い日。愛犬のお散歩や外出時には、熱中症のリスクを軽減するクールバンダナは欠かせません。それは本来の犬のカラダに、冷却機能をもう一つ加えてあげられる一番の方法です。水冷式のラジエターを足してあげるのです。

このクールバンダナは、水でヒタヒタに濡らしてから、しっかり絞って首に巻くタイプ。水分が犬の体温と外気温で蒸発する際に、身体の熱も奪う“気化熱”を利用しています。触れば分かりますが相当な熱を奪ってくれます。

保冷剤や氷で冷やすのは逆に、局所への冷却ダメージの心配が付いて回りますが、これは仕組みが全く違うので安心して使えるねがポイント。別に商品じゃなくても理屈は同じなので、タオルやハンカチを水で濡らして、しっかり絞って首に巻いてあげれば良いんです。

身体の小さい犬たちは、そもそも毛で覆われているし、汗をかく汗腺も人間のように多くないので、主に口を開けてハァハァ舌を出すか、わずかに肉球から汗をかいて、身体を冷却するしかありません。それに加えてスムーズに身体を冷やす方法は、出来るだけ太い血管、動脈の通るところを冷却することです。

散歩や外出時に自然に冷却できるのは、アゴの根元から首筋を通る血管、頚動脈(けいどうみゃく)です。ここを冷却してあげることで、ワンちゃんに自然な冷却機能を一つ加えてあげられます。

我が家の愛犬ルークの、かかりつけの獣医さんも言ってますが、夏は熱中症で運ばれてくるワンちゃんが意外と多いそうです。人間と比べたら犬のカラダの体積ははるかに小さいので、ひとたび熱中症になると、症状は急激に全身にまわり、回復が困難になるケースも多いのです。

頚動脈のある首筋、前脚の脇の下、後脚の内股の3ヶ所に大きな動脈が通っているので、応急処置として、そこは冷やすのに効果的な場所であることは覚えておいて損はないでしょう。

それと、夏に服なんて着せたら暑いでしょう?というのも必ずしもそうではありません。そのワンちゃんの毛色によっては、暑さを軽減する手立てになります。

背中の毛が真っ黒な犬は、太陽の日差しであっという間に体温が上がってしまいますが、白いTシャツを着せるだけでも、それを防ぐことが出来るんです。

暑い夏の散歩や外出の時、水冷式のラジエターを愛犬に足してあげて、少しでも熱中症のリスクを減らして、楽しい夏の思い出を作りましょう。

もう一つの夏対策。愛犬の目を紫外線から守ろう。

犬用ゴーグルDoggle(ドッグル)は、世界中の沢山のワンちゃんたちの役に立っています。
ドッグルはカッコ付けやオモチャじゃなく、本当にワンちゃんの目を保護するために真剣に開発されたゴーグルなんです。その上でカッコいいのもポイントですね。