ごはん

スポンサーリンク
ごはん

「神田たまごけん」秋葉原店のオムライスは、ふわとろで優しい味わい。自家製ピクルス食べ放題も嬉しいサービスです。

ふわトロたまごとソースが、優しい味わいのオムライス。注文を受けてから鉄のフライパンで鶏肉と炒めて作るチキンライスは出来たての美味しさ。全てのオムライスには「バター醤油コンソメスープ」が付きます。一杯はお代わり無料です。卓上の自家製スイートピクルスが食べ放題というのも嬉しいサービスです。
ごはん

「山形のおもてなし弁当」は郷土の味がいろいろ楽しめる、二段重ねのちょっと贅沢な駅弁。米沢市で明治32年創業の松川弁当店が作ります。

「山形のおもてなし弁当」は、山形県米沢市の松川弁当店が作っている、山形県の地元の味をいろいろ楽しめる、二段重ねのちょっと贅沢な駅弁。松川弁当店は、1899年(明治32年)奥羽本線の福島駅〜米沢駅間が開業した時に、駅構内で駅弁の立ち売りを始めた、創業100年以上の老舗の駅弁屋さんです。米沢牛や国産牛を生かした肉系の駅弁、郷土の食を活かした駅弁を作っています。
ごはん

「1号機関車弁当」は日本初の鉄道路線を走っていた蒸気機関車がモチーフの駅弁。山形県米沢市の松川弁当店が作ってます。

「1号機関車弁当」は子供向けのおかずが詰められた蒸気機関車の形をした楽しい駅弁。1899年(明治32年)奥羽本線の福島駅〜米沢駅間が開業した時に、駅構内で駅弁の立ち売りを始めた、創業100年以上の老舗駅弁屋さん「松川弁当店」が作っています。
ごはん

御茶ノ水「豚野郎」の旨すぎる炭焼豚丼は、備長炭で豪快に焼かれた豚バラ肉が絶品です。

厚さ6mmの豚バラ肉は余分な脂を2度焼きで程よく落とし、ジューシーで香ばしく炭火で焼き上げます。秘伝の甘辛いタレは、豚肉の旨味を引き出し、ご飯とも最高の相性。炭焼の豚バラ肉や甘辛いタレとよく合うようにご飯は炊き上げられています。
ごはん

「焼肉 平城苑」イオンレイクタウン店はリースナブルで豊富なランチメニューが魅力。「てんこ盛りカルビセット」で塩・タレ二層のカルビをたっぷり楽しみます。

「焼肉 平城苑」は、1970年創業の、全国の産地から⿊⽑和⽜や国産牛を一頭買いし、熟成させて提供することが売りの焼肉店。「焼肉 平城苑」イオンレイクタウン店は、平城苑ならではのお肉や、質の良いサービスはそのままに、和牛・アメリカ産牛も織り交ぜたリーズナブルで豊富なランチメニューが楽しめる嬉しいお店。気負わず入れるので、お昼時は家族連れのお客さんも多いです。
ごはん

「博多天神 お茶の水1号店」の豚骨ラーメンは、圧力釡が生む旨味濃厚スープを自分好みに仕上げて食べるのが基本。替え玉1つ無料がうれしい。

ラーメン激戦地でもある東京。至ってシンプルでリーズナブルなこの店の豚骨ラーメンは安っぽさが無く美味しいです。手狭な店内に独特な豚骨ラーメンの世界が広がります。お店の圧力釡で高圧力・短時間で骨の髄までボロボロにするから、この旨味とクリーミーさが生まれます。しかも短時間だからフレッシュで臭みがないのです。
ごはん

スパゲッティーのパンチョ秋葉原店の「目玉焼きナポリタン」は進化を続ける昭和生まれの人気No.1ナポリタン♫

「パンチョ」の最大の売りである“ナポリタン”。キング・オブ・ナポリタンと言っても過言ではないコダワリのナポリタンを提供し続けているのは、株式会社B級グルメ研究所。茹で上げを翌日まで寝かせたモチモチ食感パスタに、ケチャップ・ナポリタンソースがシツコいぐらいに絡まる仕上がり。昭和生まれの“ホンモノ”のナポリタンを秋葉原で味わう。
スポンサーリンク