2018-12

スポンサーリンク
おやつ・お土産

秋葉原名物、こてんぐ「おでん缶」は、よく出来た美味しい缶詰。今では非常食・保存食としても脚光を浴びています。

こてんぐ「おでん缶」は、秋葉原の「チチブデンキ(チチブ電機株式会社)」が、1990年代に自動販売機で販売を始めた“おでんの缶詰”です。秋葉原名物として名前を世に知らしめ、今では非常食や保存食としても脚光を浴びています。このよく出来た美味しい缶詰は、創業1923年(大正12年)の“天狗缶詰株式会社”が作っています。
ごはん

仕出し弁当「玉子屋」が配達する日替わり弁当の数は、毎日約6万食!5日間食べてみて、その魅力に迫ります。

仕出し弁当「玉子屋」は、東京大田区に昭和50年創業の、オフィス向け弁当屋さんです。東京23区と川崎、横浜の一部地域に、毎日約6万食もの弁当を配達しています。とある週の月曜から金曜までの弁当を食べてみます。見えてきたのは、弁当の美味しさや、数々の工夫。それだけじゃなく、自分で作る弁当のおかずや、お家ごはんのヒントも沢山入っていました。
おやつ・お土産

“気仙沼産”ふかひれ使用「ふかひれスープ」は、JR東日本「acure(アキュア)」の自販機で販売されています。

“気仙沼産”ふかひれ使用「ふかひれスープ」は、JR東日本の駅に沢山ある自動販売機ブランド「acure(アキュア)」と永谷園が共同開発し、2018年10月に発売した新商品です。和・洋・中とある中で、中華が少ないことに着目したスープ缶。寒い日、駅のホームでこれを飲んだら、白い息と一緒に「あぁ〜」と声がもれそうです。
ごはん

サッポロ一番「アラビヤン焼そば」は、昭和42年の発売。懐かしい味わいは、おウチB級グルメです。

サッポロ一番「アラビヤン焼そば」は、サンヨー食品が販売する、“知る人ぞ知る”レア感ある、袋麺のインスタント焼そばです。程よくスパイシーなソースに、袋麺の縮れた麺が良くマッチ。“摩訶不思議”なアラビヤン焼そばは、懐かしのおウチB級グルメです。
スポンサーリンク